メーカー別おすすめ野球グローブ

ZETT(ゼット)のグローブの特徴とメリットを徹底解説・ミズノに次ぐシェアを誇ると推測できるが実際の評判はいかに?

ZETT(ゼット)のグローブの特徴とメリットを徹底解説・ミズノに次ぐシェアを誇ると推測できるが実際の評判はいかに?

 

本記事では有名野球用品メーカーであるゼットの紹介をしたいと思います。

なお本サイトでは以前から「ミズノ」、「ローリングス」、「久保田スラッガー」の紹介記事を作成しています。

あわせて読みたい
ミズノ(Mizuno)の野球グローブ(グラブ)の各グレードを徹底紹介〜ミズノプロ、グローバルエリートなど〜
ミズノ(Mizuno)の野球グローブ(グラブ)の各グレードを徹底紹介〜ミズノプロ、グローバルエリートなど〜ミズノはスポーツ用品の総合メーカーですが、野球用品では最大手といえ、多くの製品がラインナップされています。 ...
あわせて読みたい
メジャー志向の人はコレ!ローリングスのグローブの特徴を徹底解説
メジャー志向の人はコレ!ローリングスのグローブの特徴を徹底解説ローリングスはスポーツ用品の総合メーカーになります。伝統もあり、製品ラインアップが多く、グレードが多岐にわたるこ...
あわせて読みたい
プロも愛用するグローブ(グラブ)!評判の久保田スラッガーとは?
プロも愛用するグローブ(グラブ)!評判の久保田スラッガーとは?プロ野球界で数多の名手が愛用していることもあり有名な「久保田スラッガー」ですが、スポーツ用品の総合メーカーではあるものの、 ...

野球用品のシェアについては資料が見つからないため具体的には分かりませんが、

国内ではミズノに次ぐ二番手と推測されます。

そのような大きなメーカーでもあるため、製品の種類は多岐に渡り、

特にグローブにおいてはグレードも多く、

知識や経験がなければ納得して選ぶのは難しいと考えます。

本記事は、ゼットの紹介と各グレード差異や特徴について説明をすることで、

納得した選択につなげてもらえればという目的でまとめています。

ゼットの製品やグローブを検討している人は参考になるところもあるかと思います。

では次項より説明します。

ゼットとは

まずゼットとは、会社名としてはゼット株式会社(以下ゼット)となっており、

大阪府大阪市に本社を置く「ZETT」のロゴが有名なメーカーになります。

なお野球用品が有名ですが、野球用品の専業メーカーではなく、

総合スポーツ用品メーカーになります。ちなみに「ZETT」の意味は「Zenith in Triumph by Truth」の頭文字が由来となっていますが、

意味は「真実なる勝利で不滅の頂点を極める」となっています。

なおこの言葉には「常に最新の技術を活かし、

絶えず危機感を持って経営に取り組むといった会社の姿勢」も込められています。

そういった価値観に共感した人は、ゼットの製品を選択肢に入れてみても良いかもしれません。

野球用品としての特徴は、アドバイザリースタッフの数がミズノに次ぐ人数である点です。

プロ選手の意見が製品作りに反映されていることは強みであると言えます。

また、これは賛否両論ありますが、高校野球のトップ選手への用具提供もミズノに次いで積極的であると言われています。

多くの名選手に愛されているメーカーではありますが、

2018年の三井ゴールデングラブ賞の受賞者は、両リーグ18人中、

ゼットユーザーはパ・リーグの二塁手部門で受賞した千葉ロッテマリーンズの中村奨吾選手、

パ・リーグの遊撃手部門で受賞した埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手の二名のみとなっています。

メーカーの規模からすると寂しい数字ですが、2019年の巻き返しに期待したいところです。



ゼットのグローブのメリット

ゼットのグローブのメリットとしては四点あります。

一点目は、「使用しているプロ野球選手の数が多いこと」だと考えます。

上記でも説明しましたが、ゼットはミズノに次ぐ人数のアドバイザリースタッフがいます。

こういった選手たちのコメントや使用状況・環境をフィードバックし製品に活かせることはゼットの特徴だと考えます。

さらに「プロ野球選手モデル」や「プロ野球選手の同型」のグローブも多いため、選手と同じ形のものを使いたい人は、検討しても良いと考えます。

二点目は「種類が豊富なこと」だと考えます。

バリエーションが多いことから選択肢が多いです。

それにより迷ってしまうこともありますが、選択肢が多ければ好みのグローブが見つかる可能性も高くなります。

三点目は「挟み捕りに最適化した型が多い」ことだと考えます。

スピードを求められるプレーでは「当て捕り」の方が良いように思いますが、

技術やバット性能の向上、軟式野球に至ってはボールの規格変更で打球のスピードが年々早くなっており、

早い打球に対応するためには確実な捕球が重要になります。

確実な捕球に限って言えば、当て捕りよりも挟み捕りの方が容易であるとかんがえます。

なお挟み捕りであるものの、ポケットが深すぎない設計のため、送球への移行へのケアもしっかりされています。

ただし、型に関しては人によって合う合わないがあるため、

合わない人にはメリットにはなりません。

四点目は「操作性の高い重量バランスである」ことだと考えます。

下記に紹介するプロステイタスとネオステイタスは手首側に重量がバランスされており、

グローブの先端が軽い設計がされています。これにより重量を感じにくく、

操作性が高くなっています。

以上がゼットのグローブを選ぶメリットだと考えます。

特に三点目と四点目はメーカーとしてのグローブに対するコンセプトや価値観ともいえ、

そういった点が明確である点が最も良い点であるように筆者は考えます。

では次項より各グレードについて説明致します。



プロステイタス

軟式・硬式ともにゼットで最も上のグレードになります。

ラベルは金のZETTのZとTの下のラインが赤いことが特徴です。

製品の特徴としては「プロステイタスレザー」と呼ばれる最高級の革を使用していることです。

革の質が良いことから、「しなやかさ」や「手の一体感」がゼットの製品で最も優れている一方で、耐久性が良いです。

この相反する要素を両立させることは、長年で培ったノウハウがあるからだと考えます。

良い状態が長く続くことから、

好きな型がある人はその型のプロステイタスを使用すれば満足度が高いと考えます。

ネガティブな要素としては、ゼットのグレードの中では高価であるという点のみです。

予算内であればプロステイタスを選択すれば間違いはないと考えます。

下記の点を重視する人にはプロステイタスは特にオススメです。

  • グローブのしなやかさ
  • 手のフィット感(一体感)
  • 耐久性




ネオステイタス

軟式・硬式ともにプロステイタスの下位グレードになります。

ラベルはシリコン、かつZETTの下のラインが全て金色であることが特徴です。

プロステイタスよりも安価であるため、入門用や初ZETTのお試しにも良いと考えます。

大きな特徴は「操作性に重きを置いている点」です。

バランスを手首側に設定し、先端を軽くしていることから、

重さを感じにくく、「手の延長」として高い操作性を有しています。

またラベルを親指側にレイアウトし、バンド部から親指先までを一枚の革で設定。

親指掛けをより親指に近づける等、親指を使った捕球の操作性が特に高くなっています。

下記の点を重視する人にはプロステイタスは特にオススメです。

  • 重量バランスによる高い操作性
  • バンド部の構造による親指重視な設計
  • 購入しやすい値段




ウィニングロード/デュアルキャッチ/バーノン

どちらも軟式用のグレードになります。

いずれも新品状態から柔軟性があり、最初から手に馴染みやすいことから、

初心者やエントリー用としてはオススメなグレードです。

特にウィニングロードは「ボックス型構造」を採用。

間口が広いことから捕球面を広く深く設定しやすく、

親指と小指を使いやすい設計であることから、

子供や女性等、握力が低い方にオススメです。



番外編 ゼットのキャッチャーミット

「ゼットといえばキャッチャーミット」と言う人も多いほど、

ゼットのキャッチャーミットは有名です。

これは数多の名キャッチャーが使用してきた実績が有るからと考えます。

例えばOBではヤクルトに在籍しゴールデングラブ賞を10回獲得した古田敦也氏、

ライオンズに在籍しゴールデングラブ賞を11回獲得した伊東勤氏、

タイガースに在籍しゴールデングラブ賞を2回獲得した矢野輝弘氏等、

多くの名キャッチャーが使用しています。

現役ではジャイアンツに在籍し2017年に初のゴールデングラブ賞を獲得した小林誠司選手、

ライオンズに在籍し2018年は初ベストナインに選ばれた森友哉選手等、

こちらも多くのキャッチャーに選択されています。

なお、これらの選手の型(モデル)は今でもオーダーで選択可能ですし、

その他にも多くの型がラインアップされています。

使用実績があるということは、名キャッチャー達に認められてきたと同時に、

名キャッチャー達の意見反映されていたり、

ノウハウとして蓄積されていることを意味しています。

よってゼットのキャッチャーミットはプロアマ問わず多くの選手に選ばれていると考えます。

好きなキャッチャーがゼットのキャッチャーミットを使っているようでしたら、

ゼットを選択肢の筆頭にしても良いと考えますし、

現在他メーカーを使用していて納得していない人も、選択肢に入れてみると良いと考えます。



まとめ

ゼットの紹介のグローブのおける各グレードについて紹介させて頂きました。

グレードの比較ということで「上下」と表現させて頂きましたが、

上なら良くて下ならダメというわけではありません。

プロステイタスにも良いところがあり、ネオステイタスにも良いところはあります。

それぞれの適正を把握し、自分の用途に合わせ選択すれば後悔が少ないと考えます。

本サイトでは下記のようにグローブの選び方について記事があります。

記事の中でも説明しましたが、最後は「フィーリング」です。

フィーリングの良いものの中で迷った際に、本記事が後悔のない選択に繋がれば幸いです。

あわせて読みたい
失敗しない軟式野球グローブ選び・メーカー別おすすめはこれ!(内外野)
失敗しない軟式野球グローブ選び・メーカー別おすすめはこれ!(内外野)野球をプレーする際に「グローブ」はあなたの守備に大きな影響を与えるものであり、あなたの野球人生のパートナーとも呼べる存在ですよね...

以上、ZETT(ゼット)のグローブの特徴とメリットを徹底解説・ミズノに次ぐシェアを誇ると推測できるが実際の評判はいかに?…の話題でした!








関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です