野球グッズ特集

ゼットの軟式グローブ『内野用トップ3』・元球児のおすすめランキング

こんにちは、橘裕司です。

今回も野球用品の紹介をしていこうと思います。

縫製を中心とした事業から始まり、今やスポーツ用品メーカーとして日本を代表するブランドにまで成長したZETT(ゼット)。

とくに野球用品においては高い品質を誇り、多くのプロ野球選手も愛用する信頼性の高いブランドです。

今回は、そんなZETTのおすすめ軟式グローブをいくつかご紹介していきます。

BRGB33750

 

ZETTの軟式グローブは、大きく分けて3つのグレードに分類されます。

レギュラーモデルの一つである「Winning Road」とハイグレードモデルの「NEO STATUS」、そしてZETTの最高峰モデルである「PRO STATUS」です。

Winning Roadモデルに位置するこのグローブは、内野手はもちろん外野手用としても利用することが可能なオールラウンドなタイプ。

中学生や高校生の部活用グローブとしても人気の高いモデルで、手頃な価格ながらもZETTの高い品質と技術力を受け継いだ、コストパフォーマンスに優れた1品です。

また、内野と外野どちらのポジションも守備することが多い選手にとっても心強い味方となってくれます。オールラウンドタイプのグローブは、メインのグローブとは別に予備用として持つ選手も多く、1つ持っておけば安心できるかもしれません。カラーは定番のブラックとオレンジの2色を展開。どちらも飽きのこないデザインで、長く付き合っていける存在となるでしょう。

 

BRGB31810

 

NEO STATUSシリーズは、ZETTのグローブの中でも中堅に位置するグレード。中堅のシリーズといえどもその品質は非常に高く、使いやすさは随一といえます。

また、NEO STATUSの設計コンセプトは「手元バランス設計」。グローブ自体の軽さを追求し、高い操作性、ハンドリング性を実現しています。

野球のグローブは素材が天然皮革である以上、重量感のあるものが多く、それ故にプレーの支障になることがあります。当然のことながら、正確な捕球、送球のボトルネックになるグローブは、ユーザーに支持されることはありません。グローブの品質はそのままプレーのレベルに直結すると言っても過言ではないのです。

BRGB31810は徹底的に考え抜かれたグローブ軽量化によって、手元のバランス性が極めて高く、プレーの支障となることがほとんどありません。

優れた縫製技術によって製作されており、耐久性も抜群で、使えば使うほど手に馴染んでいくはずです。

縫製業から始まったZETTというメーカーだからこそ実現できた、品質の極めて高いグローブであるといえるでしょう。

NEO STATUS専用エンブレムが手元部分にあり、所有感も満たしてくれます。

BRGB30710

 

ZETTの最高峰シリーズである「PRO STATUS」。1998年の誕生から20年を迎えたこのシリーズは、徹底的にこだわり抜かれた最高級のレザーを使用しています。「プロステイタスレザー」という専用のネーミングが存在することからも分かる通り、そのこだわり具合は、ZETT最高峰のシリーズの名に恥じない贅沢の極みです。

プロステイタスレザーは天然皮革特有のゴワゴワとした感覚が一切なく、始めのうちから手に馴染むことが大きな特徴です。しなやかで張りのあるレザーにも関わらず、極めて高い耐久力を実現。長く使い続けることができる大切な相棒として、あなたの野球人生とともに過ごすことになるでしょう。

PRO STATUSシリーズのグローブで捕球すると、グローブ越しであるにも関わらず5本の指でしっかりとボールを掴んでいるような感覚を覚えます。まるで素手で捕球しているかのようなダイレクトな使い心地は、PRO STATUSシリーズでしか味わうことのできない感覚といえるでしょう。

ZETTのフラッグシップモデルであるため、当然のことながら軟式グローブとしては価格は高めに設定されています。

しかし、その耐久性や使い心地、捕球のしやすさなどを考えたとき、長い目で見ればコストパフォーマンスに優れた製品であることが分かります。

PRO STATUSシリーズはプロ野球選手の間でも広く愛用されているモデルであり、登場から20年が経った今でも、毎年進化を続けています。

今まで使い続けてきたグローブに満足できていない、できるだけ正確なプレーができる選手に早く近付きたいという人にこそ、ぜひおすすめしたい製品です。

まとめ

野球選手にとって、グローブはもっとも重要なものです。グローブの良し悪しによってエラーの確率にも影響が顕著に見られますし、内野手の生命線ともいえる存在です。

「初心者だから、とりあえず安いグローブでいい」、「プロ野球選手でもないし、高いグローブは必要ない」と考えるのではなく、できるだけ品質の高いものを選ぶことが、野球が上達し今以上に楽しくなる第一歩でもあります。

予算と用途を見極めながら、あなたにとって最適な軟式グローブを選んでみてはいかがでしょうか。そのための参考にしていただければ幸いです。


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です