2018年夏の甲子園

【奥川恭伸・星稜】最速150kmの2年生右腕・石川県勢初の全国制覇へ

アイキャッチ引用:朝日新聞デジタル

第100回全国高等学校野球選手権記念大会・2018年夏の甲子園に於ける注目選手を今回も特集していきたいと思います。

この記事では夏の甲子園初出場を決めた石川県知代表星稜高校の奥川恭伸選手を特集していきたいと思います。

同じく星稜高校の主砲・竹谷理央選手、スーパー1年生のピッチャー・寺西成騎選手、3番を担う内山壮真選手がチームメートですね。

奥川恭伸選手の基本プロフィール

 

世代2001年度生まれ
利き腕右投右打
身長183cm
体重82kg
ポジション投手
最高球速150km
所属星稜
学年2年
球歴中学:かほく市立宇ノ気中 (2014-2016)
高校:星稜 (2017-2019)
日本代表:BFA U-18アジア選手権日本代表 (2018-2018)
全国大会(中学)中学3年
2016年全国中学校軟式野球大会(優勝
全国大会(高校)高校2年
2018年選抜高等学校野球大会(ベスト8)
2018年全国高校野球選手権大会(2回戦)
ドラフト2019年ドラフト候補

引用:https://www.kyureki.com/player/134715/

奥川恭伸選手は183cm/82kgと恵まれた体格を持つ、MAX150kmの本格派右腕です。スライダー、フォーク、チェンジアップと変化球も多彩。

石川県かほく市出身の石川県星稜高校のエースです。

小学校3年生から軟式野球を始め、中学時代は全国制覇した宇ノ気中学でエースを務めました。

高校は地元・石川県星稜高校に進学し、1年生の春からベンチ入りメンバーに指名されます。

橘裕司
橘裕司
入学して2秒でベンチ入り

夏の大会が終わり、秋の新チームになったタイミングでエースへ。秋季石川県大会では28イニングスを投げ、失点10、チームは優勝を果たしました。

その後の北信越大会は4試合に先発、25イニングスを投げ、奪三振29、防御率2.88の好投をみせ、チームを選抜甲子園に導きました。

選抜甲子園では3試合にリリーフ、2勝を挙げますが、準々決勝で定本拓真選手率いる三重高校に14-9で敗れました。奥川投手は敗戦投手となりました。

引用:日刊スポーツ

夏の県予選は準々決勝から登板し、失点0。圧倒的な安定感も見せています。

橘裕司
橘裕司
2年生でプロ注目なのも納得やで〜

甲子園1回戦では大分県代表・藤蔭高校と対戦し9-4で勝利。先発しました。

150kmの自己最速を計測し、2回戦以降もどのようなピッチングを見せるのか、楽しみですね。

ちなみに2番手投手として登板したのは中学時代にすでに注目されていた寺西成騎選手でしたね。こちらの選手も注目です。

奥川恭伸選手の中学時代・かほく市立宇ノ気中とは?

引用:宇ノ気中学校野球部 全国中学校体育大会優勝セレモニー

宇ノ気中野球部は奥川投手が中学3年生の時に軟式全国大会で優勝している名門ですね。

新潟県で初開催となった「全国中学校軟式野球大会」は22日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで決勝がおこなわれ、北信越代表で石川・宇ノ気中が2対1で関東代表の東京・上一色中をくだし初優勝を飾った。石川県勢は今夏、全日本少年軟式野球大会を制した星稜中に続き二冠を達成した。

◎22日の決勝戦の試合結果◎
石川・宇ノ気中2-1東京・上一色中
宇ノ気 000 200 0 =2
上一色 000 001 0 =1
(バッテリー)
宇ノ気:奥川-山瀬
上一色:横山、土屋-小堀

引用:【中学軟式】新潟全中 優勝は石川・宇ノ気中

ちなみに星稜高校のスタメン捕手、山瀬慎之助選手も宇ノ気中野球部出身で、つまりは全中優勝バッテリーなのですね。

中心選手は基本的に地元星稜高校に進むんでしょうかね?

奥川恭伸選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・2019ドラフトに注目

すでにプロ注目右腕として話題に上がっていますね。同じく2年生の日大三高・井上広輝選手と共に2019年のドラフト上位候補されていますね。

まだ2年生であり、すでに150kmも出しており今後の伸び代に期待ですね。

速球投手という意味では152kmを出している横浜高校の本格左腕・及川雅貴選手と競い合って成長していって欲しいですね。


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です