2018年夏の甲子園

【小寺智也・龍谷大平安】西京ビッグスターズ出身絶対的エースの甲子園

アイキャッチ引用:侍ジャパンU-15代表選手

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(2018年夏の甲子園)に於ける注目選手を今回も特集していきたいと思います。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成30年8月5日(日)から17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。

引用:日本高等学校連盟

橘裕司
橘裕司
暑い季節が来ましたので球児は水分補給をこまめに取りましょうね

この記事では夏の甲子園初出場を決めた京都代表龍谷大平安の小寺智也選手を特集していきたいと思います。

小寺智也選手の基本プロフィール

世代2000年度生まれ
利き腕右投右打
身長180cm
体重78kg
ポジション投手
所属龍谷大平安
学年3年
球歴中学:西京ビックスターズ (2013-2015)
日本代表:BFA U-15アジア選手権日本代表 (2015-2015)
高校:龍谷大平安 (2016-2018)

引用:https://www.kyureki.com/player/10781/

小寺智也選手は180cm/78kgと体格もよく、140km前後のストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップ、シュートと多彩な変化球を操る投手。

橘裕司
橘裕司
多彩・・・。

小学校時代は桂坂ファルコンズで軟式野球を始め、中学校は軟式少年チームの名門・西京ビッグスターズで2年生からエース、3年生の春に全国準優勝を果たしています。

BFA U-15アジア選手権で日本代表にも選ばれています。

侍ジャパンU15

龍谷大平安に入学し、2年生の夏に夏の甲子園予選京都府大会で決勝まで進み、小寺選手は2番手投手として登板しましたが、京都成章に前半に大量得点を許し、甲子園出場はなりませんでした。

京都府大会決勝2017引用:バーチャル高校野球

今年の決勝は小寺選手はエースとして、立命館宇治を完封、試合は11-0と完勝し、甲子園出場を果たしました。昨年優勝の京都成章は乙訓高校に3回戦で敗退でした。リベンジマッチとはなりませんでしたが、しっかりと勝ち上がりましたね。

京都府決勝2018
橘裕司
橘裕司
甲子園でも活躍に期待!

尚、龍谷大平安出身のプロ野球選手は、ダイナミックなライアン投法で有名なヤクルトの高橋 奎二選手ですね。

小寺智也選手の中学時代・西京ビックスターズとは?

西京ビッグスターズ引用:西京ビッグスターズ

橘裕司
橘裕司
2012年に春夏連覇・・・。チーム紹介を見て行くと2009年も全国制覇・・・。

西京ビッグスターズは京都の名門軟式野球クラブチームですね。

軟式クラブチームとは、「全日本軟式野球連盟」に所属する地域の軟式野球チームのことです。中学の軟式野球部とは異なります。シニアやボーイズ、ヤングリーグなど硬式野球リーグの軟式版です。

土浦日大の富田卓選手が所属していた茨城オール県南も同じリーグに属していますし、この全日本軟式野球連盟の全国大会などに、星稜中学や高知中学など、中学野球部も連盟登録していれば参加できるという不思議なリーグです。

ジャイアンツカップに中学野球部が参加しているような感じですね(ボールは異なりますが)

橘裕司
橘裕司
中学軟式野球部は日本中学校体育連盟(中体連)の大会も出れて、連盟登録さえできればクラブチームの大会も出れると。試合は多く経験できる方が野球レベルは向上しますからね

ちなみに昨年2017年も5年ぶりに全国制覇をしています。

 第34回全日本少年軟式野球大会(全日本軟式野球連盟など主催)は7~10日、横浜スタジアムで熱戦が繰り広げられた。決勝は、西京ビッグスターズ(京都)が昨夏、今春の全日本大会覇者の星稜中(石川)を退け、5年ぶり3度目の優勝を果たした。関東勢は、県西選抜(茨城)と、国分寺中(栃木)のベスト8が最高位だった。

引用:東京新聞

小寺智也選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトに注目

ドラフトの話は聞きませんが、名門西京ビッグスターズ、U-15日本代表に選ばれ甲子園にもこの夏出場とスター街道をひた走っていますね。大舞台でどこまでプロのスカウトにアピールできるかですね。

橘裕司
橘裕司
龍谷大平安は東洋大、日体大などへの進路実績があるみたいですね

参考:【歴代】龍谷大平安高校野球部メンバーの進路

橘裕司
橘裕司
今噂がなくても指名は全然アリエル


関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です