2018年夏の甲子園

【漢人友也・常葉菊川】本格派右腕は2年ぶりの甲子園で旋風を起こせるか

アイキャッチ引用:毎日新聞

2018年夏の甲子園、第100回全国高等学校野球選手権記念大会に於ける注目選手を今回もまた特集していきたいと思います。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成30年8月5日(日)から17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。

引用:日本高等学校連盟

この記事では夏の甲子園初出場を決めた静岡代表常葉菊川の漢人友也選手を特集していきたいと思います。

橘裕司
橘裕司
常葉菊川と聞くと「セカンドに打ってしまえば望みはありません」で有名なセカンド名手、町田選手を思い出しますね

漢人友也選手の基本プロフィール

世代2000年度生まれ
利き腕右投左打
身長179cm
体重62kg
ポジション投手
所属常葉菊川
学年3年
球歴中学:掛川市立桜が丘中 (2013-2015)
高校:常葉菊川 (2016-2018)
全国大会(中学)中学3年
2015年全日本少年春季軟式野球大会(2回戦)
全国大会(高校)高校1年
2016年全国高等学校野球選手権大会(2回戦)

引用:https://www.kyureki.com/player/21145/

漢人友也選手はMAX143kmの本格右腕、切れ味鋭いスライダーを武器に甲子園まで勝ち上がりました。

漢人選手の中学時代は掛川市立桜ヶ丘中学で軟式野球でプレー。中学時代から注目されていたみたいですね。体格は179cm/62kgと細いですが、これからの成長も期待されます。

橘裕司
橘裕司
モデルみたいな体型だよね

参考:静岡野球スカウティングレポート

お兄さんの漢人広也選手も進路は不明ですが内野手として注目されていたようです。

常葉菊川に進学した漢人選手は甲子園に出場した2016年に地方予選から1年生でベンチ入り。甲子園では背番号12の控え投手、1回戦で秀学館に敗れ、出番はありませんでした。

2017年夏の甲子園予選で漢人選手は2年生でエースを任されるも準々決勝で浜松商業に11-9で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

選抜出場はなく、1年生の夏から甲子園は遠ざかっていましたが、予選大会決勝で島田商業をサヨナラで破り、2018年の夏の甲子園出場を決めました。

漢人友也選手の中学時代・掛川市立桜が丘中とは?

2015年に全日本少年春季軟式野球大会に出場しベスト8まで進むなど、やはり強豪ですね。2015年といえば、漢人選手が中学三年生時代ですね。

全日本少年春季野球大会

歴代の優勝校は西京ビッグスターズや星稜中学が目立ちますね。西京ビッグスターズといえば、龍谷大平安の小寺選手の出身チームですね

大会回数開催年開催地参加数優勝チーム(都道府県)準優勝チーム(都道府県)
34平成29年横浜16西京ビッグスターズ(京都)星稜中学校(石川)
33平成28年横浜16星稜中学校(石川)倉敷クラブ(岡山)
32平成27年横浜16豊見城市立豊見城中学校(沖縄)日野中学校(長崎)
31平成26年横浜16波佐見町立波佐見中学校(長崎)明豊中学校(大分)
30平成25年横浜18高田中クラブ(大分)芳賀町立芳賀中学校(栃木)
29平成24年横浜16西京ビッグスターズ(京都)東風平中学校(沖縄)
28平成23年横浜16高知中学校(高知)総社クラブ(岡山)
27平成22年横浜16茨城オール県南クラブ(茨城)川口クラブ(埼玉)
26平成21年横浜18西京ビッグスターズ(京都)豊田南クラブ(愛知)
25平成20年横浜16高知中クラブ(高知)うるま市立あげな中学校クラブ(沖縄)

引用:http://jsbb.or.jp/tournaments/435

漢人友也選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトに注目

プロ野球スカウトの話題は聞きませんが、この夏の大会での活躍次第ではスカウトの目に止まるかもしれないですね。

2年ぶりの常葉菊川、甲子園でどこまで進むのか楽しみですね。

橘裕司
橘裕司
全員に対して楽しみって言ってない?


関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です