2018年夏の甲子園

【蛭間拓哉・浦和学院】南埼玉優勝で掴んだ甲子園・豪打爆発に期待

アイキャッチ引用:朝日新聞デジタル

こんにちは、橘です。

2018年の甲子園、つまり第100回全国高等学校野球選手権記念大会に於ける注目選手を今回もまとめていきたいと思います。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成30年8月5日(日)から17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。

引用:日本高等学校連盟

橘裕司
橘裕司
今年も暑い夏になりそうだ。

この記事では甲子園行きを決めた南埼玉代表・浦和学院の蛭間拓哉選手を特集していきたいと思います。

蛭間拓哉選手の基本プロフィール・1年春からスタメン・強豪浦和学院を率い南埼玉予選を制覇

世代2000年度生まれ
利き腕左投左打
身長175cm
体重78kg
ポジション外野手
所属浦和学院
学年3年
球歴ジュニア:埼玉西武ライオンズジュニア (2012-2012)
中学:前橋桜ボーイズ (2013-2015)
高校:浦和学院 (2016-2018)
日本代表:BFA U-18アジア選手権日本代表 (2018-2018)
全国大会(中学)中学2年
2014年ボーイズ春季全国大会(2回戦)
ドラフト2018年ドラフト候補

引用:https://www.kyureki.com/player/23314/

蛭間拓哉選手は高校は埼玉県の浦和学院ですが、出身は群馬県、軟式野球を小学3年生始め、6年生の時には埼玉西武ライオンズジュニアに選出されています。

橘裕司
橘裕司
ライオンズジュニアといえば女性でキャプテンを務めていた蔵方さんを思い出す。

中学時代は前橋桜ボーイズ(硬式)で関東大会優勝を果たし、高校進学後は、埼玉の名門・浦和学院で1年生の春からベンチに入っています。

橘裕司
橘裕司
名門で春からベンチ入りパネェ。しかも県大会終盤は4番に座ってたって春季大会の半月前までは中学生だよね?

浦和学院といえば、出身プロ野球選手には以下のような面々が並びます。

  • 鈴木健:元西武
  • 清水隆行:元巨人
  • 大竹寛:巨人
  • 須永英輝:巨人
  • 石井義人:巨人
  • 今成亮太:阪神
  • 赤坂和幸:中日
  • 豊田拓矢:西武
  • 南貴樹:ソフトバンク
橘裕司
橘裕司
須永懐かしい

チームでは主に4番右翼手を担い、2年生の夏の埼玉県大会でホームラン4本、打点13を荒稼ぎしました。なんと決勝までの7試合で打率.444を記録しましたが、花咲徳栄に決勝戦で敗れました。

その年の埼玉徳栄は全国制覇を果たしました。ちなみに今年も同行は「北埼玉代表」として甲子園に出場します。

秋の新チーム始動時に主将に就任し、その後は打順も3番・5番とクリーンアップを担い、遂に今年の夏に南埼玉85校の頂点に立ち、初の甲子園出場を果たしました。

ここ3年間は埼玉徳栄が甲子園に出場しており、今年から採用された埼玉の「地区割り」により北埼玉と南埼玉に分けて地方大会が開催されましたので、埼玉徳栄と甲子園予選で戦う必要がなくなったのも今回の出場を後押ししたのかもしれません。

橘裕司
橘裕司
出場校多い地域は本当に地域割りしてあげたいよね

蛭間拓哉選手の体格は175cm/78kgとこれからプロ野球or大学野球でもまだまだ大きくなりそうですね。プロが注目する強肩、強打の外野手です。通算27ホーマーの左打者です。

蛭間拓哉選手の中学時代・前橋桜ボーイズとは?

蛭間拓哉選手は中学時代はボーイズリーグに属する前橋桜ボーイズでプレイしていたので硬式野球出身ですね。ボーイズリーグについては以下の記事で詳しく書いてます。

シニア・ボーイズリーグ・中学軟式野球部、実力が伸びる進路はどれ?

前橋桜ボーイズは群馬県前橋市で活動している硬式野球チームです。

掲げているスローガンが粋です。

『 腐らず・挫けず・諦めず 』 『 雑草魂 』

橘裕司
橘裕司
雑草魂てのがたまらん

HPでは監督さんがコラムを投稿していたりして、こうやって指導者が自分の考えていることを発信してくれるのは子供も親も親近感があるし、チームの方向性もよくわかってきますよね。

2014年(蛭間選手2年時)にはボーイズの春季日本選手権で2回戦まで進んでおります。一つ上のメンバーでは鏑木 風雅選手が侍ジャパンのU-15に選抜されていますね。現在は桐生第一で活躍後、上武大学に進学しています。

今年の奈良・智弁学園の新入生の三田選手も前橋桜ボーイズ出身ですね。蛭間選手と甲子園対決が叶うと、見所いっぱいですね。

橘裕司
橘裕司
楽天シニアなんてあるんだ

高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトも注目

蛭間選手はドラフト候補と言われていますが、この夏の甲子園でどこまでアピールできるかももちろん重要ですよね。

有名野球ライター界隈でもしっかり評価されていました。ソフトバンクのスカウトからの評価も高いという声も聞こえますよね。

参考:今年のドラフト戦線は超目玉不在も… 西尾×小関×福田がアマ注目選手を語る

しかし確かに今年は清宮選手のような超目玉選手はいないのかも。

橘裕司
橘裕司
みんなで応援しよう!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です