2019年甲子園・春の選抜注目選手

【武岡龍世・八戸学院光星】俊足強打の絶対的主将。春の選抜甲子園でも大暴れか?

【武岡龍世・八戸学院光星】俊足強打の絶対的主将。春の選抜甲子園でも大暴れか?

アイキャッチ画像引用:日刊スポーツ

橘裕司
橘裕司
春はあけぼの。

注目選手を紹介するのは恒例となりました。

この記事では、春の選抜甲子園行きを決めた青森県代表・八戸学院光星の武岡龍世選手を特集していきたいと思います。

橘裕司
橘裕司
期待のショートストップ、そして主将。シュアなバッティングでチームを盛り上げるで!

八戸学院光星・武岡龍世選手の基本プロフィール

世代2001年度生まれ
利き腕右投左打
身長178cm
体重70kg
ポジション内野手
所属八戸学院光星
学年新3年
中学徳島ホークス
日本代表カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会日本代表
高校八戸学院光星
全国大会(中学)中学3年
2016年ヤングリーグ春季大会(2回戦)
2016年ジャイアンツカップ(1回戦)
全国大会(高校)高校2年
2018年全国高校野球選手権大会(2回戦)
2018年明治神宮野球大会(高校野球)(ベスト8)
ドラフト2019年ドラフト候補

引用:https://www.kyureki.com/player/18462/

武岡龍世選手は小学生時代に軟式野球を始め、鴨島一中ではヤング・徳島ホークスに所属し、カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会日本代表に選ばれました。

中学時代はヤングリーグ(硬式野球)でプレー。中学硬式野球の甲子園と言われるジャイアンツカップにも出場しています。

高校進学後は、50m5秒9の俊足、広角打法に強みを持ち昨秋神宮大会でバックスクリーン弾にホームランを放った左の強打者となります。

橘裕司
橘裕司
広角打法!パワプロであるあれや

八戸学院光星に進学後は1年生の春から1番・ショートでスタメンを獲得し、同年夏の青森県大会ではチームは準優勝するものの、武岡選手はベンチ入り叶わず、2年生の春から2番・ショートでレギュラーに定着しました。

2年生の夏の甲子園県予選での打率は5割、ホームラン2本、打点12と大暴れし、チームの甲子園出場に大きく貢献。

橘裕司
橘裕司
2年生で豪打爆発・・・。

2018年夏の甲子園に出場し、2番・ショートとして出場。

チームは1回戦で明石商業を撃破、武岡選手は5打数2安打と活躍。

チーム12345678910  計
八戸学院光星24011000019
明石商10040030008

引用:日刊スポーツ「夏の甲子園2018」

2回戦で今春同じく選抜に出場する京都代表・龍谷大平安と対戦しここでチームは敗退。武岡選手は2打数ノーヒットで2年生の夏は幕を閉じました。

チーム123456789  計
龍谷大平安03300022414
八戸学院光星0100000001

引用:日刊スポーツ「夏の甲子園」

2年生の秋から新チームの主将を任命され、打順も2番から3番とクリーンアップを担うようになり、秋の青森県大会は優勝、東北大会優勝、神宮大会ベスト8を達成。

※決勝(10/18)
■盛岡大付(岩手1) 3-5 八戸学院光星(青森1)
八戸光星|200|000|201| = 5
盛岡大付|200|000|100| = 3
(光)山田、横山、後藤 (盛)阿部
【本塁打】(光)武岡
引用:2018秋季東北大会
...............
...............
...............
第四十九回 明治神宮野球大会結果引用:日本学生野球協会「第四十九回 明治神宮野球大会」

 

武岡選手は東北大会決勝でホームラン、神宮大会では2戦2安打、大会打率4割、1本塁打、2打点をマークしています。

高校通算14本を誇る主軸として、選抜甲子園での期待が高まるところです。

橘裕司
橘裕司
主将としてチームを引っ張るまさに主軸という感じですね。てか神宮大会で札幌大谷が優勝したのもびつくり。




武岡龍世選手の中学時代・徳島ホークスとは?

徳島ホークスは徳島県の硬式野球チームですね。

硬式野球にはシニア、ボーイズ、ポニーなどがありますが徳島ホークスは「ヤングリーグ」所属でありこれも硬式野球ですね。

ヤングリーグ出身の有名な選手と言えば、プロ注目右腕の創志学園の西純矢選手がいますね。広島市東区で活動するヤングひろしま出身です。

創志学園は2019年の選抜出場はなりませんでしたが、夏の甲子園でまた暴れてくれるのではと思います。

あわせて読みたい
【西純矢・創志学園】プロ注目の2年生150km右腕の初甲子園に注目アイキャッチ引用:日刊スポーツ2018年夏の甲子園が始まります。本大会に於ける注目選手を今回もまとめていきたいと思いますよ。 ...
橘裕司
橘裕司
そもそもやけど徳島ボーイズから創志学園に進学してる選手も複数いるんやで。まずシニアってなに?って人は以下の記事が参考になるよ。
あわせて読みたい
シニア・ボーイズリーグ・中学軟式野球部、実力が伸びる進路はどれ?こんにちは、橘裕司です。年末の話なのですがは、久々に実家で年越しをし、親戚に色々と会ってきました。その中で、今年...
橘裕司
橘裕司
徳島ホークスは昭和52年に発足したチームで老舗中の老舗やで。

引用:徳島ホークスの歩み

月日記事監督コーチ主将
平成30年12月第27回全国春季大会地区予選 優勝 出場権獲得
31年3月倉敷マスカット球場他
   
平成30年12月新チームキャプテン 宮内  宮内
平成30年8月第100回全国高校野球 創志学園(宮崎、横関)出場   
平成30年8月第100回全国高校野球 鳴門高校(大下)出場   
平成30年8月第100回全国高校野球 八戸学院光星(武岡龍世)出場   
平成30年3月第90回選抜高校野球 英明高校(中村)出場   
平成29年8月第99回全国高校野球選手権大会鳴門渦潮高校(鈴江)   
平成28年10月第33回回福山大会優勝   
平成28年8月第98回全国高校野球選手権大会鳴門高校ベスト8進出   
平成28年5月第43回泉大津大会優勝 
平成28年4月第8回少年硬式野球四国選手権大会優勝ジャイアンツカップ出場権獲得 
平成27年12月東四国大会優勝第24回ヤングリーグ全国春季大会出場権獲得 
平成27年12月新チーム キャプテン 武岡 副キャプテン 西上武岡
平成27年10月第2回ヤングリーグ秋季四国大会優勝、グランドチャンピオン大会出場権獲得   
平成27年8月第18回 三重大会 ジュニア、レギュラー 同時準優勝   
平成27年8月第9回大阪ニューヤングジュニア大会優勝   
平成27年8月第97回全国高校野球選手権大会、鳴門高校(佐原)   
平成27年7月第3回ヤングリーグジュニア選手権大会四国地区代表 出場権獲得   
平成27年3月第87回選抜高校野球大阪桐蔭(佐藤駿)出場   
平成26年12月新チーム キャプテン 大下 副キャプテン 鈴江  大下
平成26年8月三重大会ジュニアの部 準優勝   
平成26年8月第96回全国高校野球選手権大会、鳴門高校(橋川、佐原)   
平成26年7月ヤングリーグ全国ジュニア選手権大会四国地区代表出場権獲得   
平成26年5月当球団36期生 長谷川 光輝 武岡 龍世
2014 カル・リプケン アンダー12世界少年野球大会 ジャパンチーム代表に選出される(チーム星野 8月アメリカメリーランド州)
   
平成26年3月第22回ヤングリーグ全国春季大会 小学部全国制覇   
平成25年12月新チーム キャプテン 胡桃、副キャプテン尾崎 冨士  胡桃
平成25年8月第95回全国高校野球選手権大会
鳴門高校ベスト8進出(伊勢、橋川)
明徳義塾(小方)出場
   
平成25年4月第5回四国選手権 中学部優勝 MVP 胡桃 好伸   

2016年にはジャイアンツカップ出場しており、全国大会にも複数回出場しており、強豪チームの一つに数えられると思います。

直近の徳島ホークスを卒団した選手はどのような高校に進学しているのでしょうか?

35鈴江 竜飛鳴門渦潮高校
里井 結人徳島北高校
大下 竜輝鳴門高校
古川 雄大鳴門渦潮高校
高島 龍星徳島科学技術高校
島田 理央城南高校
山口 和真徳島商業高校
西森 智哉徳島科学技術高校
岡島 龍司阿波高校
浦上 祥希城東高校
光本 修人小松島高校
宮崎 竜成創志学園高校
今柴 大輝徳島商業高校
森本 健太城西高校
古川 航大城南高校
中村 太陽英明高校
36山口 つき中央学院高校
長谷川 光輝日本航空高校
武岡 龍世光星学院高校
田中 裕翔鳴門渦潮高校
西上 陽登創志学園
増田 紘士鳴門渦潮高校
中村 蓮池田高校
稲葉 和哉城東高校
高橋 寛多徳島商業高校
横関  隼創志学園
赤木 優斗生光学園

県内の強豪高校を中心に進路を決めていますね。

橘裕司
橘裕司
中央学院って千葉の?かな?と思って調べたらしっかり山口つき選手の情報ありました。あの千葉の天才1年生・青木選手がいる中央学院でした。

あわせて読みたい
【青木優吾・中央学院】北砂リトル出身の「天才」1年生が夏の甲子園へアイキャッチ引用:https://www.asahi.com/articles/ASL7S3R8ML7SUTQP017.html...
橘裕司
橘裕司
大谷選手もすごかったね。プロは行かなかったけど社会人野球「セガサミー」に入団したようだよ。
あわせて読みたい
【大谷拓海・中央学院】千葉の二刀流の最後の夏・甲子園で大暴れに期待アイキャッチ引用:スポーツ報知2018年夏の甲子園(100会大会)に於ける注目選手を今回もまとめていきたいと思います。こ...

橘裕司
橘裕司
千葉の中央学院に進んだということは、これは野球留学ですな。というかそもそも武岡選手も四国から東北への野球留学やった。笑

あわせて読みたい
野球留学はなぜ批判されるのか?禁止すべきではない3つの理由を徹底解説こんにちは、橘裕司です。いかがお過ごしでしょう。高校3年生は最後の夏の大会が終わると進路にとても悩みますよね。「野球を続...




武岡龍世選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトに注目

数々の武岡選手のドラフトレポートが散見されるところを見ると、すでにプロのスカウトからの注目は集めているものと想像できますね。

橘裕司
橘裕司
巨人の坂本2世って巷では言われてるみたいなので、それも期待の表れかもね。

まずはこの春で、どこまでプロにアピールできるかが勝負になるでしょう。


以上、【八戸学院光星・武岡龍世】俊足強打の絶対的主将。春の選抜甲子園でも大暴れか?…でした!







👇👇注目記事👇👇

あわせて読みたい
【2019年選抜甲子園】春のセンバツ高校野球大会出場校・注目選手を一挙に紹介!甲子園をさらに楽しむために。長い冬を超え、プロ野球もオープン戦が始まり、高校野球も選抜甲子園が開幕しますね。 第91回選抜高等学校野球大会(主催:毎日新聞社、日本...

>> この記事を読む

 

関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です