2019年甲子園・春の選抜注目選手

【内山壮真・星稜】スーパー1年生からチームの大黒柱へ。新2年生4番の春に注目。

アイキャッチ引用:sportiva

橘裕司
橘裕司
選抜の季節、野球ガチ勢の本番・・・!!

甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、2年連続13回目の選抜甲子園行きを決めた石川県代表の星稜高校の内山壮真選手を特集していきたいと思います。

エースの奥川恭伸選手、スーパー新2年生ピッチャー・同級生でもある寺西成騎選手がチームメートですね。

2018年は星稜高校の主砲・竹谷理央選手の活躍で、夏の甲子園も2回戦まで進みましたが、今年の選抜、夏の選手権大会はどこまで進むのでしょうか?

橘裕司
橘裕司
野球の申し子。もしかしたら新二年生世代で最もプロに近い可能性すらある。





内山壮真選手の基本プロフィール

世代2002年度生まれ
利き腕右投右打
身長172cm
体重72kg
ポジション内野手
所属星稜
学年新2年
中学星稜中
2015年,2016年,2017年
日本代表BFA U-15アジア選手権日本代表
2017年
高校星稜
2018年,2019年,2020年
全国大会(中学)中学2年
2016年全日本少年夏季軟式野球大会(優勝
中学3年
2017年全日本少年春季軟式野球大会(優勝
2017年全日本少年夏季軟式野球大会(準優勝
全国大会(高校)高校1年
2018年全国高校野球選手権大会(2回戦)
2018年明治神宮野球大会(高校野球)(準優勝
高校2年
2019年選抜高等学校野球大会(1回戦)

引用:https://www.kyureki.com/player/42112/

内山壮真選手は中学時代は星稜中学軟式野球部の中心選手・捕手として、春・夏の全国大会優勝を果たしました。

侍ジャパンU15にも選ばれていますね。

引用:侍ジャパン

この時に寺西成騎選手、二松学舎大附の山田将義選手と同時に選ばれ、一緒にプレーした経験を持っていますね。

第9回 BFA U15アジア選手権 出場選手一覧

高校はそのまま内部進学し、星稜高校に入学後すぐに遊撃手として春季大会で1番ショートでレギュラーを獲得、夏の大会では3番・ショートとしてクリーンアップを任されています。

甲子園でもタイムリーヒットを打つなど、3打数1安打、1打点1四球と活躍しています。


2018年夏の甲子園では、2回戦で済美高校に惜しくも破れ、甲子園を去ります。(内山選手は4打数1安打)

引用:第100回全国高校野球選手権記念大会(2回戦(2018年8月12日 阪神甲子園球場))

済美 13-11 星稜

高校名12345678910111213
星稜501010002000211
済美0010000800004x13

 

済美が大会史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打で勝利した。タイブレークの延長十三回、矢野が右翼ポールに直撃する本塁打。九回から救援し、無失点に抑えていた星稜の寺沢から放った。済美の先発山口直は十三回表をスクイズなどでの2失点にとどめていた。

2019年の秋からは、4番を担い、石川県大会、で13試合で2ホーマーの活躍。

橘裕司
橘裕司
遂に4番に・・・(ゴクリ

石川県大会も危なげなく優勝、

引用:秋季石川大会(2018年)決勝(2018年9月26日 石川県立野球場)

星稜 7-0 遊学館

高校名123456789
遊学館0000000000
星稜10022110X7

 

北信越大会は決勝で啓新に引き分け再試合の末勝利し、優勝を飾っています。

引用:秋季北信越大会(2018年)決勝(2018年10月23日 ハードオフ・エコスタジアム新潟)

星稜 7-4 啓新

高校名123456789
星稜0000304007
啓新0100200014

 

神宮大会は札幌大谷に敗退したものも、準優勝しており、選抜でどこまで成績を伸ばせるのか楽しみですね。

第四十九回 明治神宮野球大会結果引用:日本学生野球協会「第四十九回 明治神宮野球大会」

余談ですが、内山壮真選手は空手日本一・全国空手道選手権で優勝したことのある父の指導の下、小学校時代に空手の富山県大会でなんと4度優勝したことがあります。

2歳から道場に通っていたとのことです。

橘裕司
橘裕司
これスパルタ教育の匂いがするわ

今回の内山選手もそうですが、大阪桐蔭の根尾選手もスキー(回転)で全国中学スキー大会アルペン回転で優勝と、他競技で優秀な選手が出てきていますね。

やはりいろんな体の使い方を学んだ方が良いということでしょうか?

橘裕司
橘裕司
この研究、絶対してる人いるわ

興味深いですね。









内山壮真選手の中学時代・星稜中学野球部とは?

星稜中学といえば、中学の軟式野球界でも強豪で有名です。

その実力はというと、中学軟式野球の全国大会(全日本少年軟式野球大会)の成績を見ればすぐにわかります。

以下は夏の全国大会の歴代優勝・準優勝校です。

大会回数開催年開催地参加数優勝チーム(都道府県)準優勝チーム(都道府県)
34平成29年横浜16西京ビッグスターズ(京都)星稜中学校(石川)
33平成28年横浜16星稜中学校(石川)倉敷クラブ(岡山)
32平成27年横浜16豊見城市立豊見城中学校(沖縄)日野中学校(長崎)
31平成26年横浜16波佐見町立波佐見中学校(長崎)明豊中学校(大分)
30平成25年横浜18高田中クラブ(大分)芳賀町立芳賀中学校(栃木)
29平成24年横浜16西京ビッグスターズ(京都)東風平中学校(沖縄)
28平成23年横浜16高知中学校(高知)総社クラブ(岡山)
27平成22年横浜16茨城オール県南クラブ(茨城)川口クラブ(埼玉)
26平成21年横浜18西京ビッグスターズ(京都)豊田南クラブ(愛知)
25平成20年横浜16高知中クラブ(高知)うるま市立あげな中学校クラブ(沖縄)
24平成19年横浜16星稜中クラブ(石川)北九州市立若松中学校クラブ(福岡)
23平成18年横浜16彦根クラブ(滋賀)桐蔭学園中学クラブ(開催地(横浜))
22平成17年横浜16相模原市立上溝中学校クラブ(神奈川)東海大学付属翔洋中学校クラブ(静岡)
21平成16年横浜16福井クラブ(福井)生麦中クラブ(開催地(横浜))
20平成15年横浜16多久中央中クラブ(佐賀)城南中学クラブ(愛媛)
19平成14年横浜16上本部中野球クラブ(沖縄)いわき松風クラブ(福島)
18平成13年横浜16二見中クラブ(三重)明徳義塾クラブ(高知)
17平成12年横浜16桐蔭学園中学クラブ(開催地(横浜))岡山クラブ(岡山)
16平成11年横浜16鹿島東部中クラブ(佐賀)Akita中クラブ(秋田)
15平成10年横浜16全流山(千葉)岡山クラブ(岡山)
14平成9年横浜16片島クラブ(高知)松陽クラブ(兵庫)
13平成8年横浜16星稜中クラブ(石川)明徳義塾クラブ(高知)
12平成7年横浜16瀬戸中クラブ(徳島)松永ヤンキース(広島)
11平成6年横浜16鏡クラブ(熊本)東江中学校クラブ(沖縄)
10平成5年横浜16大塚中野球クラブ(宮崎)松永ヤンキース(広島)
9平成4年横浜16桑中クラブ(栃木)高崎第一中クラブ(群馬)
8平成3年横浜16松永ヤンキース(広島)弘前三中クラブ(青森)
7平成2年横浜16壬生クラブ(栃木)総和北クラブ(茨城)
6平成元年横浜16桐蔭学園中学クラブ(開催地(横浜))南郷クラブ(宮崎)
5昭和63年横浜16松陽クラブ(兵庫)生光学園クラブ(徳島)
4昭和62年横浜16下瀬谷クラブ(開催地(横浜))大須賀クラブ(静岡)
3昭和61年横浜16都賀クラブ(栃木)星稜クラブ(石川)
2昭和60年横浜16佐野城東クラブ(栃木)西山クラブ(熊本)
1昭和59年横浜16都賀クラブ(栃木)東海クラブ(神奈川)

全国制覇を計3回、準優勝2回です。

内山選手が2年生の時に優勝、3年生の時に準優勝です。

そして春は1回の優勝。

大会回数開催年開催地参加数優勝チーム(都道府県)準優勝チーム(都道府県)
8平成29年静岡32星稜中学校(石川)秋田クラブ(秋田)
7平成28年静岡32明徳義塾中学校(高知)佐賀市立鍋島中学校(佐賀)
6平成27年静岡32門川中学校(宮崎)西京ビッグスターズ(京都)
5平成26年静岡32川崎市立西中原中学校(神奈川)鐘ヶ淵イーグルス(東京)
4平成25年静岡32高知中学校(高知)河北台中学校(石川)
3平成24年静岡32西京ビッグスターズ(京都)鐘ヶ淵イーグルス(東京)
2平成23年静岡33鐘ヶ淵イーグルス(東京)東山クラブ(愛知)
1平成22年静岡30鳥栖中クラブ(佐賀)常葉学園橘中学校クラブ(静岡)

これは内山選手が3年生で在籍していた昨年の話ですね。

夏は準優勝だったので、もう少しで春夏連覇でした。

中学軟式も熱いですね。

星稜中学の他に、明徳義塾中学、高知中学なんかも強豪で有名です。

中学3年生で高知中学の森木選手は150kmとか出しちゃってたり、明徳の関戸選手も140km台後半とか出しちゃってたり、

高校デビューが待ち遠しい人材目白押しです。

あわせて読みたい
【森木大智・高知中】中2からMAX145kmの剛腕が中3で150kmを計測、日本一に輝く※追記森木選手、全国軟式野球大会で日本一を飾りましたね。https://www.youtube.com/watch?v=...
あわせて読みたい
『関戸康介・明徳義塾中』中3でMAX143km!豪腕の未来予想図アイキャッチ引用:http://bit.ly/2EsQxhIこんにちは、いかがお過ごしでしょう。最近中学生の球児にも注目...
橘裕司
橘裕司
サイトで硬式野球を推しまくっている僕もこれを見ると軟式もレベルが高いな、と思いますね

星稜中の中心選手は基本的にそのまま星稜高校に進み、甲子園を目指すみたいですね。





内山壮真選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・2020ドラフトに注目

新二年生は内山選手の他に、チームメートの寺西成騎選手横浜高校の度会隆輝選手二松学舎大付の山田将義選手中央学院の青木優吾選手などなどプロが注目するであろう選手で目白押しですね。

この他にも、甲子園には出ていないものの東海大相模の西川僚祐選手など、逸材揃いです。

あわせて読みたい
【2018年夏の高校野球本番】注目高校1年生球児・逸材選手を紹介アイキャッチ引用:朝日デジタルこんにちは、橘裕司です。選抜高校野球が終わり、気づけばもう夏の大会が始まりますね。...

今回の甲子園で注目が集まりましたから、すでにプロのスカウトも注目して過ごすことでしょう。

楽しみですね!

以上、【内山壮真・星稜】スーパー1年生からチームの大黒柱へ。新2年生4番の春に注目。…でした!

 








👇👇注目記事👇👇

あわせて読みたい
【2019年選抜甲子園】春のセンバツ高校野球大会出場校・注目選手を一挙に紹介!甲子園をさらに楽しむために。長い冬を超え、プロ野球もオープン戦が始まり、高校野球も選抜甲子園が開幕しますね。 第91回選抜高等学校野球大会(主催:毎日新聞社、日本...

>> この記事を読む

 

関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です