2018年夏の甲子園

【梅澤修二・前橋育英】苦労人が放ったサヨナラ打・3年連続甲子園出場

アイキャッチ引用:サンスポ

2018年夏の甲子園(記念すべき第100回大会)に於ける注目選手を今回もまとめていきたいと思います。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成30年8月5日(日)から17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。

引用:日本高等学校連盟

橘裕司
橘裕司
夏の風物詩、甲子園大会

この記事では、3年連続夏の甲子園出場を決めた群馬代表・前橋育英高校の梅澤修二選手を特集していきたいと思います。

梅澤修二選手の基本プロフィール

世代2000年度生まれ
利き腕右投右打
身長175cm
体重74kg
ポジション外野手
所属前橋育英
学年3年
球歴ジュニア:東京ヤクルトスワローズジュニア (2012-2012)
中学:高崎中央ボーイズ (2013-2015)
日本代表:世界少年野球大会日本代表 (2015-2015)
高校:前橋育英 (2016-2018)
全国大会(高校)高校1年
2016年全国高等学校野球選手権大会(2回戦)
高校2年
2017年選抜高等学校野球大会(2回戦)
2017年全国高等学校野球選手権大会(3回戦)

引用:https://www.kyureki.com/player/8634/

梅澤修二選手は小学校時代から東京ヤクルトスワローズジュニアに所属していたとうことは、その頃から高い実力があったことがよくわかりますね。

プロ球団のジュニアといえば、埼玉西武ライオンズジュニア出身の浦和学院の蛭間拓哉選手や、女子でキャプテンを務めた蔵方菜央選手も挙げられますね。

中学校は高崎中央ボーイズで硬式野球でプレーしています。世界少年野球大会日本代表にも選ばれていることから、常にアマチュア野球界の最前線を走っていますね。

橘裕司
橘裕司
これ、選抜メンバーが全員ボーイズなんだけど、NOMOジャパンとは違うの?

NOMOジャパン?2018も決定!野球ジュニア・オールジャパン(U-15メンバー)の進路は?

NOMOジャパンはジュニアオールジャパンなので世界少年野球大会日本代表はまた違う組織のようですね。

日本少年野球連盟のHPを見る限り、世界少年野球大会、JUNIOR ALL JAPAN(野茂)に加えて「WBSC U-15」「カル・リプケン 12歳以下世界少年野球大会」というものがるみたいですね。

最近MLB球団とマイナー契約を結んだ結城海斗選手は「MCYSA全米選手権大会日本代表」に選出されていましたが、なんか日本代表多すぎて混乱しますね。

橘裕司
橘裕司
日本代表何人選ぶ気だよ・・・。

話が逸れてしまいましたが、梅澤選手は中3の時に世界少年野球大会・日本代表で主軸打者に。順風満帆な野球人生活と思いきや、苦労人生活でした。

その時のチームメートが、

とバリバリの一流校で活躍する選手だったようです。

前橋育英に進学してからは故障を繰り返しリハビリを送る日々となり、なんと2年春には腰を手術。

橘裕司
橘裕司
オペ・・・。

それでも努力を続け、2年秋から5番レフトでスタメンに、そこからまたレギュラー争いになりますが、今年の夏は大会直前の練習試合で結果を出し、ベンチ入りを果たし、背番号16でスタメン出場を続けました。

そして決勝での健大高崎戦・5番打者に入った梅澤選手は9回裏に劇的なサヨナラヒットを放ち、ついに甲子園出場を決めました。(23:14〜)

橘裕司
橘裕司

全然関係ないんですが、こういった苦労話って最後に結果が出ると急に光出しますよね。

最近GILLEという歌手の「Try Again 」という曲のPVを見つけたのですが、人の人生って頑張った期間が長いほど輝きますよね。ヒカキンでめちゃ感動しました。

橘裕司
橘裕司
普通に泣ける。球児のこういうの作ったら感動を呼びそう。誰かYou Tuberの方やってくれないかな(他人任せ)

ちなみに超余談ですが私は元モー娘。の道重が大好きなのでファンが作った動画でも泣きます。

橘裕司
橘裕司
話脱線しすぎワロタ

梅澤修二選手の中学時代・高崎中央ボーイズとは?

高崎中央ボーイズは、全国大会にも最近出場しており、関東屈指の群馬の名門ボーイズですね。

卒団生の進路は前橋育英、山梨学院、現在は慶應でも活躍する選手がいますね。卒団生が活躍すると卒団したチームの知名度も上がっていきますよね。

参考:http://giantsob.blogspot.com/2016/10/blog-post.html
参考:http://giantsob.blogspot.com/2016/06/blog-post.html

梅澤修二選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトに注目?

梅澤選手はアマチュア野球界の最前線を走ってきましたが、現状プロ球団のスカウト話題はあまりなく、やはり怪我との戦いがありましたので、高卒即刻プロは厳しいのかもしれませんが、才能は間違いなく抜群ですし、長期的にプロを目指して欲しいな、と思います。

橘裕司
橘裕司
誰やねん(笑)甲子園で旋風を起こすことを期待!


関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です