2019年甲子園・春の選抜注目選手

【松本隆之介・横浜】MAX147km。長身2年生左腕が甲子園デビュー。

アイキャッチ引用:高校野球ドットコム

甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、5年ぶり3回目の選抜甲子園行きを決めた神奈川県代表の横浜高校の松本隆之介選手を特集していきたいと思います。

あわせて読みたい
『甲子園優勝校・歴代最強時代特集』横浜高校野球部の1998年世代アイキャッチ引用:yahooheadline こんにちは、橘裕司です。 夏の風物詩、甲子園では様々なドラマが毎年生まれますよ...

同じく注目の及川雅貴選手、度会隆輝選手、木下幹也選手の同僚ですね。

あわせて読みたい
【及川雅貴・横浜】プロが注目する152km左腕。冬を超えた伸び代に期待。アイキャッチ引用:スポーツ報知 甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、5年ぶり3回目の選抜甲子...
あわせて読みたい
【木下幹也・横浜】名門・世田谷西シニア出身の2年生大型右腕。抜群の安定感と140km中盤の速球は必見。アイキャッチ引用:http://bit.ly/2EnFpi5 甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事...
あわせて読みたい
【度会隆輝・横浜】東京北砂リトル、佐倉シニア、そして横浜高校。エリート球児にプロも熱視線。アイキャッチ画像引用:http://bit.ly/2FYk93C 甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この...

松本隆之介選手プロフィール

世代 2002年度生まれ
利き腕 左投左打
身長 183cm
体重 65kg
ポジション 投手
最高球速 145km
所属 横浜
学年 新2年
小学 戸塚アイアンボンドス
2009年,2010年,2011年,2012年,2013年,2014年
中学 戸塚リトルシニア
2015年,2016年,2017年
高校 横浜
2018年,2019年,2020年
全国大会(中学) 中学3年
2017年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
全国大会(高校) 高校1年
2018年全国高校野球選手権大会(3回戦)
高校2年
2019年選抜高等学校野球大会(1回戦)

引用:球歴.com

松本隆之介選手は神奈川県横浜市出身で中学時代は硬式野球クラブチームの戸塚シニアで投手を務めていたんですね。

中学3年生の夏にシニアの全国大会出場するも、1回戦敗退ですね。

尚、同大会では横浜高校でチームメートである度会選手率いる佐倉シニアが準優勝、木下選手の世田谷西シニアが優勝ですね。

高校は横浜高校に進学、他1年生の度会選手、津田啓史選手(熊本中央ボーイズ)、小島歩空選手(名瀬)、大手晴選手(浜松シニア)、富田進悟(新宿シニア)らと共に入学間も無く春季大会で背番号21をつけ、ベンチ入りしました。

そして春季神奈川県大会4回戦の創学館戦で初登板しました。

松本隆之介選手はノーワインドアップからMAX147kmを投げ込み、変化球はスライダー、フォークなどを武器にした投球術ですね。コントロールはまだまだ課題のようです。

秋の横浜高校は圧倒的な力を見せ県大会優勝するも、関東大会は準々決勝で春日部共栄にコールド負け。選抜でのリベンジが期待されます。

引用:バーチャル高校野球

高校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
横浜 0 4 0 0 1 1 0 1 4 11
桐蔭学園 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2

 

高校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
横浜 0 2 0 0 0 0 0 2
春日部共栄 3 1 1 0 0 4 X 9

 

あわせて読みたい
【村田賢一・春日部共栄】150kmを目指す埼玉の二刀流右腕・秋季関東大会の快投、豪打を甲子園でも。
【村田賢一・春日部共栄】150kmを目指す埼玉の二刀流右腕・秋季関東大会の快投、豪打を甲子園でも。アイキャッチ画像引用:スポーツ報知 甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、22年ぶり3...
あわせて読みたい
【伊禮(礼)海斗・桐蔭学園】神宮大会の悔しさをバネに。春のセンバツ甲子園での活躍に期待大
【伊禮(礼)海斗・桐蔭学園】神宮大会の悔しさをバネに。春のセンバツ甲子園での活躍に期待大アイキャッチ画像引用:スポニチ 恒例ですが、この記事では、春の選抜甲子園行きを決めた神奈川県代表・桐蔭学園の伊禮海斗選手を...
あわせて読みたい
【森敬斗・桐蔭学園】関東を制したドラフト候補・イケメン主将。
【森敬斗・桐蔭学園】関東を制したドラフト候補・イケメン主将。アイキャッチ画像引用:スポーツ報知 甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、16年ぶり6...





松本隆之介選手の中学時代・戸塚リトルシニアとは?

戸塚リトルシニアは1970年にリトルリーグとして最初は設立されたんですね。

神奈川県といえば、緑中央シニア、中本牧シニアなどなど強豪溢れる激戦区ですが、戸塚シニアは県内でも四天王と言えるレベルです。リトルリーグとしては神奈川県内では2番目の歴史があるんですね。

現在横浜DeNAベイスターズでプレーしている荒波翔選手がOBとして有名ですよね。松本選手と同じく横浜高校に進学し、1年生の夏にリードオフマンとして大活躍でした。

橘裕司
橘裕司
あの姿を見たときは衝撃だったよ。

OBの活躍も戸塚シニアのホームページに載ってますね。

橘裕司
橘裕司
強豪感がすごい(ゴクリ)

引用:戸塚リトルシニア

毎年甲子園にOBが出ているみたいで、指導者はやりがいがあって楽しいでしょうね。

過去の戦績を見てみると、2014年に全国ベスト4、2000年は選抜と硬式野球の甲子園と言われるジャイアンツカップで優勝していますね。この年が、荒波翔選手が主将だった時期ですね。

橘裕司
橘裕司
えぐい

引用:戸塚リトルシニア

近年の成績は低迷していますね。

橘裕司
橘裕司
DeNAベイスターズカップって何だろう

ベイスターズカップの概要は以下ですね。

開催趣旨

横浜DeNAベイスターズ の本拠地・横浜スタジアムを会場とし、神奈川県中学硬式野球の4つのリーグ(リトルシニア、ボーイズ、ポニー、ヤング)の垣根を越え、加盟約90チームの中から神奈川県ナンバーワンを決定する大会として2013年にスタートしました。

今回で第6回を迎える運びとなりました。“野球王国”と呼ばれる神奈川県に本拠地を構えるプロ野球チームとして、この大会がプロを目指す野球少年たちの登竜門的存在となり、この大会を通じて野球文化がさらに発展し、「地域の子どもの未来」、「野球の未来」に貢献することを目指します。

要するに、神奈川県に特化したジャイアンツカップですね。こういうのは面白い。どんどん垣根を超えて交流してほしいですね。

大会自体は2日間で8チームの代表チームでトーナメント制でやるみたいですね。今年の出場チームは以下の通り。

神奈川県内の中学硬式野球4リーグから代表合計8チームが参加  リーグ名の()内は代表チーム数

・リトルシニア(3) :中本牧リトルシニア(2年連続4回目)
:横浜青葉リトルシニア(3年ぶり2回目)
:伊勢原リトルシニア(初出場)
・ボーイズリーグ(3) :都筑中央ボーイズ(2年連続4回目)
:横浜緑ボーイズ(初出場)
:湘南ボーイズ(5年連続6回目)
・ポニーリーグ(1) :横浜旭峰ポニー(6年連続6回目)
・ヤングリーグ(1) :ヤング相模原ボールクラブ(3年連続3回目)

引用:DeNAベイスターズカップ

橘裕司
橘裕司
やはり中本牧シニア・・・。




松本隆之介選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトに注目

プロ野球のスカウト情報が雑誌やインターネットでも数多く散見されるので、2020年のドラフトで指名される可能性は十二分にありえますね。

同年代にも星稜高校の内山選手、寺西選手、細川選手など横浜高校以外にも注目選手がおり切磋琢磨していくことでしょう。

あわせて読みたい
【内山壮真・星稜】スーパー1年生からチームの大黒柱へ。新2年生4番の春に注目。アイキャッチ引用:sportiva 甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、2年連続13...
あわせて読みたい
【寺西成騎・根上中】2018夏の甲子園で143kmをマーク。二年生投手の伸び代に注目。アイキャッチ引用:スポーツ報知 甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、2年連続13回目...
あわせて読みたい
【細川凌平・智弁和歌山】スーパー新二年生。俊足巧打でチームを引っ張るリードオフマン。
【細川凌平・智弁和歌山】スーパー新二年生。俊足巧打でチームを引っ張るリードオフマン。アイキャッチ画像引用:日刊スポーツ 甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、2年連続13...

以上、【松本隆之介・横浜】MAX147km。長身2年生左腕が甲子園デビュー。…でした!


注目記事

あわせて読みたい
【2019年選抜甲子園】春のセンバツ高校野球大会出場校・注目選手を一挙に紹介!甲子園をさらに楽しむために。長い冬を超え、プロ野球もオープン戦が始まり、高校野球も選抜甲子園が開幕しますね。 第91回選抜高等学校野球大会(主催:毎日新聞社、日本...

>> この記事を読む

関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA