高校野球注目選手

『横浜高校・松本隆之介』MAX145kmの1年生左腕の最初の夏

アイキャッチ引用:高校野球ドットコム

こんにちは、橘裕司です。

今回は横浜高校のピカピカの1年生、松本隆之介投手が話題になっていたので調べてみました。

名門横浜で1年生から春季大会でベンチ入りして登板しているということは未来のエース候補ですね。

橘裕司
橘裕司
横浜で春からベンチ入りとかマジで弱肉強食だな、日本は年功序列じゃないのかYO!

松本隆之介選手プロフィール

世代2002年度生まれ
利き腕左投左打
身長183cm
体重65kg
ポジション投手
最高球速145km
所属横浜
学年1年
球歴中学:戸塚リトルシニア (2015-2017)
高校:横浜 (2018-2020)
全国大会(中学)中学3年
2017年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)

引用:球歴.com

松本隆之介選手は神奈川県横浜市出身で中学時代は硬式野球クラブチームの戸塚シニアで投手を務めていたんですね。

中学3年生の夏にシニアの全国大会出場するも、1回戦敗退ですね。

尚、同大会では横浜高校でチームメートである度会選手率いる佐倉シニアが準優勝、木下選手の世田谷西シニアが優勝ですね。

高校は横浜高校に進学、他1年生の度会選手、津田啓史選手(熊本中央ボーイズ)、小島歩空選手(名瀬)、大手晴選手(浜松シニア)、富田進悟(新宿シニア)らと共に入学間も無く春季大会で背番号21をつけ、ベンチ入りしましたね。

春季神奈川県大会4回戦の創学館戦で初登板しました。

橘裕司
橘裕司
創成館といえば投手の2枚看板で僕が推していた高校だね。

松本隆之介選手はノーワインドアップからMAX145kmを投げ込み、変化球はスライダー、フォークなどを武器にした投球術ですね。コントロールはまだまだ課題のようです。

戸塚リトルシニア自体は私がシニアで野球をしていた頃から名門として有名でしたが、今までノーマークでした。なぜ今まで話題になっていなかったのか、謎が深まりますね。

橘裕司
橘裕司
リサーチが足りんね

松本隆之介選手を輩出した戸塚リトルシニアとは?

戸塚リトルシニアは1970年にリトルリーグとして最初は設立されたんですね。

神奈川県といえば、緑中央シニア、中本牧シニアなどなど強豪溢れる激戦区ですが、戸塚シニアは県内でも四天王と言えるレベルです。リトルリーグとしては神奈川県内では2番目の歴史があるんですね。

現在横浜DeNAベイスターズでプレーしている荒波翔選手がOBとして有名ですよね。松本選手と同じく横浜高校に進学し、1年生の夏にリードオフマンとして大活躍でした。

橘裕司
橘裕司
あの姿を見たときは衝撃だったよ。

OBの活躍も戸塚シニアのホームページに載ってますね。

橘裕司
橘裕司
強豪感がすごい(ゴクリ)

引用:戸塚リトルシニア

毎年甲子園にOBが出ているみたいで、指導者はやりがいがあって楽しいでしょうね。

過去の戦績を見てみると、2014年に全国ベスト4、2000年は選抜と硬式野球の甲子園と言われるジャイアンツカップで優勝していますね。この年が、荒波翔選手が主将だった時期ですね。

橘裕司
橘裕司
えぐい

引用:戸塚リトルシニア

近年の成績は低迷していますね。

橘裕司
橘裕司
DeNAベイスターズカップって何だろう

ベイスターズカップの概要は以下ですね。

開催趣旨

横浜DeNAベイスターズ の本拠地・横浜スタジアムを会場とし、神奈川県中学硬式野球の4つのリーグ(リトルシニア、ボーイズ、ポニー、ヤング)の垣根を越え、加盟約90チームの中から神奈川県ナンバーワンを決定する大会として2013年にスタートしました。

今回で第6回を迎える運びとなりました。“野球王国”と呼ばれる神奈川県に本拠地を構えるプロ野球チームとして、この大会がプロを目指す野球少年たちの登竜門的存在となり、この大会を通じて野球文化がさらに発展し、「地域の子どもの未来」、「野球の未来」に貢献することを目指します。

要するに、神奈川県に特化したジャイアンツカップですね。こういうのは面白い。どんどん垣根を超えて交流してほしいですね。

大会自体は2日間で8チームの代表チームでトーナメント制でやるみたいですね。今年の出場チームは以下の通り。

神奈川県内の中学硬式野球4リーグから代表合計8チームが参加  リーグ名の()内は代表チーム数

・リトルシニア(3):中本牧リトルシニア(2年連続4回目)
:横浜青葉リトルシニア(3年ぶり2回目)
:伊勢原リトルシニア(初出場)
・ボーイズリーグ(3):都筑中央ボーイズ(2年連続4回目)
:横浜緑ボーイズ(初出場)
:湘南ボーイズ(5年連続6回目)
・ポニーリーグ(1):横浜旭峰ポニー(6年連続6回目)
・ヤングリーグ(1):ヤング相模原ボールクラブ(3年連続3回目)

引用:DeNAベイスターズカップ

橘裕司
橘裕司
やはり中本牧シニア・・・。

松本隆之介選手の夏の甲子園予選の活躍に期待

さて、夏の甲子園予選も近づいていますね。

松本隆之介選手も春季大会で結果を出し、その後招待試合などでも登板しているようですし、夏もそのままベンチ入りする可能性は非常に高いです。

引き続き、注目していきたいところです。

横浜高校の一回戦は7月14日ですので注目ですね!

引用:南神奈川大会


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です