2018年夏の甲子園

【竹谷理央・星稜】石川県大会決勝で4ホーマー・甲子園でも爆発か

アイキャッチ引用:スポーツ報知

2018年夏の甲子園、第100回全国高等学校野球選手権記念大会に於ける注目すべき選手を今回もまとめていきたいと思います。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成30年8月5日(日)から17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。

引用:日本高等学校連盟

橘裕司
橘裕司
後悔のない大会にしてほしいですね

この記事では甲子園行きを決めた石川県代表・星稜高校、地方決勝戦で4HRを放った竹谷理央選手を特集していきたいと思います。

同じく星稜高校のエース・奥川恭伸選手、スーパー1年生の投手・寺西成騎選手も3番を担う内山壮真選手がチームメートですね。

竹谷理央選手の基本プロフィール・父はアメリカ人、中学は小松市立松陽中と軟式野球出身

世代2000年度生まれ
利き腕右投右打
身長173cm
体重78kg
ポジション外野手
最高球速140km
所属星稜
学年3年
球歴中学:小松市立松陽中 (2013-2015)
高校:星稜 (2016-2018)
全国大会(高校)高校1年
2016年全国高等学校野球選手権大会(1回戦)
高校3年
2018年選抜高等学校野球大会(ベスト8)

引用:https://www.kyureki.com/player/28263/

橘裕司
橘裕司
怪物が現れました

竹谷理央選手は星稜高校が位置する石川県小松市出身、小学生の頃から軟式野球をプレイし中学校は小松市立松陽中学で軟式野球を継続しました。

中学校卒業後に、名門星稜高校へ。入学してすぐの1年生の春に北信越大会でベンチ入りを果たしました。

橘裕司
橘裕司
また春からベンチ入りの逸材か・・・。

その後、1年生の夏には背番号17をつけベンチ入りし、チームは石川県大会を制覇。甲子園に出場、甲子園では2番手投手として1回戦の市立和歌山高校戦に登板しますが、5回と2/3を投げ、打者23人、被安打6、奪三振3、失点3、自責点3となり、他投手も失点し、8-2で敗退しました。打者としても3打席回ってくるも無安打で甲子園を後にしました。

冬を超え、高校2年生の春季大会からはエースとなりますが、夏の石川県大会で日本航空石川にサヨナラで負け、2017年世代の星稜野球部はベスト4で夏を終えました。

橘裕司
橘裕司
日本航空石川といえば大橋選手
橘裕司
橘裕司
夏の大会で竹谷選手は右手有鈎骨を骨折しててごまかして投げてたみたいね。その後手術をしました

竹谷選手は出場できず、主戦力を失った星稜高校でしたが、秋季大会を制し、北信越大会で準優勝。春の選抜甲子園への切符を手にしました。

引用:日刊スポーツ

橘裕司
橘裕司
エース抜きで優勝・・・。星稜の同じく注目選手・奥川投手の好投が光りました。しかし石川県はホント星稜と航空石川の二強だね

選抜甲子園で竹谷選手は背番号1に復帰、星稜高校は準々決勝で三重高校に破れ、チームはベスト8で甲子園を後にします。竹谷選手は4番・エースで全試合に先発登板しました。

引用:日刊スポーツ

3年生の春季大会からは、奥川投手がエースとなり、竹谷選手は背番号9をつけクリーンアップを担っています。春の石川県大会・北信越大会で優勝を飾っています。

 

橘裕司
橘裕司
星稜つよー

夏の石川大会は順調に勝ち進み、決勝で竹谷選手はなんと4ホームランを放ち、22-0で4番の南保選手も3ホームラン、計7発で金沢学院を圧倒しました。

引用:日刊スポーツ

橘裕司
橘裕司
フリーバッティングしてるみたいなノリ・・・。甲子園でもこれは期待大やで・・・。

あまり野球とは関係ないのですが、竹谷選手のお父様はアメリカ人だそうです。

そして野球と関係がある部分として、父方の曽祖父、つまりおじいちゃんが元アメリカのプロ野球投手。野球DNAを受け継いだということですね。

橘裕司
橘裕司
顔は日本人だよね完全に

竹谷理央選手の同僚・星稜高校野球部の投手陣の主戦格・奥川恭伸投手にも注目

2年生の秋から主戦格投手、3年生の春季県大会から星稜のエースを担っている奥川選手にも注目すべきでしょう。

ストレートはMAX147kmと豪腕、変化球もスライダー、チェンジアップ、フォークを使い分けリズムの良いピッチングを展開します。

日刊スポーツの全国ピカイチ投手56人に選ばれています。

高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトも注目

1試合4ホーマーと地方大会決勝で知名度はうなぎのぼりでしょう。まだプロ球団のスカウトの話題はありませんが、夏にどれだけアピールできるか、ですね。

プロ野球だけではなく、大学でさらに力をつけてプロの道を選ぶという選択肢も十分あり得るかと思います。2015年には梁瀬(やなせ)選手も慶應大学に進学していますし、パイプはあるはず。

学部は総合政策部、SFC!湘南キャンパス!

橘裕司
橘裕司
最後雑すぎワロタ。湘南藤沢キャンパスはくそ田舎になぜか慶應の金持ちが集結してる不思議な地域。AOで受験免除入学した人だらけ。就活で東京来るの大変なのよねん

少し話がズレまくりましたが、竹谷選手の特集でした。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です