メーカー別おすすめ野球グローブ

メジャー志向の人はコレ!ローリングスのグローブの特徴を徹底解説

メジャー志向の人はコレ!ローリングスのグローブの特徴を徹底解説

ローリングスはスポーツ用品の総合メーカーになります。

伝統もあり、

製品ラインアップが多く、

グレードが多岐にわたることから、

「何を買ったら良いか」

分からないこともあると思います。

また日本プロ野球で使用している選手は少ないことから情報が少なく、

他の日本メーカーに比べると馴染みが薄いメーカーでもあります。

本記事では、ローリングス自体の紹介とあわせ、

各グレードのグローブを紹介することで、

グローブ選択時のヒントとしてもらえればと考え作成しています。

では次項より説明します。

ローリングスのグローブ以外のおすすめグローブ集も以下にまとめておりますので、

参考にしてみてくださいね。

↓↓↓

あわせて読みたい
失敗しない軟式野球グローブ選び・メーカー別おすすめはこれ!(内外野)
失敗しない軟式野球グローブ選び・メーカー別おすすめはこれ!(内外野)[ad#co-2] 野球をプレーする際に「グローブ」はあなたの守備に大きな影響を与えるものであり、 あなたの野球人生のパート...

>> この記事を読む

 

ローリングスとは

ローリングスはアメリカで1887年に設立された老舗のスポーツ用品メーカーになります。

野球用品のメーカーとしては、

世界でもっとも歴史が古く、

グローブの進化と成長をともにしてきたメーカーということができます。

日本プロ野球では現在は使用している選手が少ないですが、

メジャーリーグでのシェアはとても高いことも特徴で、

メジャーの選手の中には「ローリングスのグラブに憧れていた」という選手もいるほどです。

日本ではスポーツ用品メーカーのアシックスと1976年から2012年までライセンス契約を結んでいたことから、

日本でも馴染みの深いメーカーになります。

なお2013年以降、

アシックスはアシックスブランドにてグローブの展開を始め、

ローリングスが日本法人を設立し、

「ローリングスジャパン」として日本での事業を開始しています。

ローリングス・ゴールドグラブ賞

メジャーでは守備の名手をローリングスが表彰する賞として

「ローリングス・ゴールドグローブ賞(以下ゴールドグラブ賞)」

があります。

この賞はすばらしいプレーとそれ生み出した選手を後世に伝えるため、

1957年にローリングスが創設した賞になります。

なお日本プロ野球のは「三井ゴールデン・グラブ賞」であり、

微妙に違います。

ちなみにですが、

アメリカには演劇等の表彰で「ゴールデングラブ賞」もあります。

ローリングスのメリット

ローリングス製品を選ぶメリットとしては三点あります。

ローリングスのグローブはメジャーリーガーで使用している人が多い

一点目は「メジャーリーガーで使用している人が多い」ということです。

アドバイザリースタッフとして名を連ねている選手も多くいます。

なおゴールドグラブを受賞した選手の18人のうち、

ローリングスユーザーが16人を占めた年もありますし、

このことからも圧倒的なシェアが分かるかと思います。

これらメジャーの一流選手のコメントをフィードバックした製品は良い意味で、

「日本製品には無い」

雰囲気をまとっていると感じます。

ウェブやバックスタイル、

カラー等のデザインも日本メーカーにはないデザインが多いことも特徴です。

またメジャー選手のモデルを複数ラインアップしており選べることもメリットになると思います。

ただし、

既製品のメジャー選手モデルは実際の型より一回り小さいこともあるため注意が必要です。

いずれにしても、

日本メーカーの製品との良い意味での差異はありますし、

メジャー選手が好きな人であれば大きなメリットだと考えます。

ローリングスのグローブは価格帯が広い

二点目は、「ローリングスのグローブは価格帯が広い」ということです。

1万円前後から3万円弱までの広い価格帯のラインナップがあります。

1万円前後のグローブとミットは柔らかく、

初心者にも使いやすく、

また質がとても良いのでオススメです。

ローリングスのグローブはプロのグローブも既製品もフィリピンの同じ工場で生産している

三点目は、プロのグローブも既製品もフィリピンの同じ工場で生産していることです。

もちろん生産のラインは違うはずですが、

同じ工場で生産しているのであれば品質は安定しているはずです。

そうでなくても、

プロと同じ場所で作られているグローブが手に入るのは所有感も満たされますし、

メリットだと考えます。

最近では「メイドインジャパン」のシリーズもあり、

それらは日本生産であることもメリットだと考えます。

ローリングスのグレード

◆プロプリファード

プロプリファードはローリングスのフラッグシップになります。

その最大の特徴は、革に「キップスキン(生後6ヶ月から2年以内の中牛の革)」を採用していることです。

一般的にキップは「手触りが良く、頑丈かつしなやかな革」であると言われていますが、

ローリングスのプロプリファードも同様です。

なおプロプリファードジャパンは和牛革を使用しています。

和牛は硬いことが特徴ですが、

ローリングスの和牛はしっとり感も残っています。

和牛は捕球音が良い傾向があり、その捕球音と捕球感から好む人は多いです。

◆HOH(HEART of the HIDE)

HOHの特徴はローリングス伝統のステアハイド(生後3〜6ヶ月で去勢された成牛の革)を採用していることです。

ハイドの厚くて丈夫な特性はそのままに、

キメが細かく柔軟性のある革がHOHになります。

耐久性が高く、良い状態が長続きすることがメリットになります。

メジャーリーグでも愛用する選手がおり、

「ローリングスの代名詞」的なグレードになります。

価格帯は低価格から高価格まで様々になります。

◆魅せる捕球が男前

学生野球での使用をターゲットに「扱い易さ」に重点をおいたグレードになります。

各々にコンセプトがあり、

そのコンセプトに沿った型や機能を備えていることから、

自分の目指すプレーや目標がある選手は、

そのコンセプトに沿ったグローブを購入すれば満足感が高いかもしれません。

なお革はHOHを使用しており、耐久性は高いレベルにあると考えます。

◆ゲーマー

ゲーマーは上述した3グレードに比べると購入しやすい価格が最大の特徴です。

軟式用から硬式用まで様々な種類がラインアップされていることから、

選択肢が多いことがメリットです。

質は良いため、進学等で環境が変わった時等に入門用としてオススメだと考えます。

◆プレイメーカー

プレイメーカーは軟式用とソフトボール用のグレードになります。特徴はその柔らかさで、購入後すぐにキャッチボールできることがメリットになります。女性や子供、初心者の方の入門用としては申し分ありません。なお価格帯も求めやすく、派手なカラーリングのラインアップがあることも特徴です。

◆HYPER TECH

軟式用のグレードになりますが、

様々な種類があり、

他の日本メーカーには無いデザインが多いことが特徴になります。

革はしっとりしつつ柔らかいことから使いやすく、

カラーリングも豊富であるとから入門用としてオススメです。

ローリングスのラベル

ローリングスのラベルというと、

一般的には赤と白の長方形ラベルと赤丸に白抜きのRの「オーバルR」の二種類が主ですがそれだけではありません。

長方形ラベルはサイズがまず二種類あり、

4×7cmは日本公式ルール用、

5×7.5cmはメジャー用のサイズとなっています。

色についても様々な種類があり、

オーダーでは16種類から選ぶことができますし、

既製品でも赤と白の組み合わせ以外のラベルもあります。

ラベルが選べるのもローリングスの特徴かもしれません。

また前述したように以前のローリングスはアシックスがライセンス生産していましたが、

その時のラベルは「ローリングス」の部分が盛り上がっているのが特徴でした。

今でも中古品等ではその時のラベルを見ることができます。

なおメジャーリーガーの画像を見ていると、

金と赤の組み合わせのラベルを見ることがあるかと思いますが、

それはゴールドグラブ賞を受賞したローリングスユーザーが翌年の一年間使用できる特別なラベルになります。

そのためオーダーで選択することもできませんし、

既製品も存在しません。

そういった賞を主催していることもそうですが、

スペシャルなロゴを用意するあたりにも、

ローリングスが「守備の名手」を大事にしているメーカーであることが分かるかと思います。

まとめ

ローリングスジャパンのホームページには「名選手が選ぶのか、選ぶから名選手になるのか」との一文があります。

この文章からも、ローリングスと選手の信頼感のようなものが感じられるような気がします。

また、近年は情報が多く、簡単に手に入ることから、

メジャーリーグから新たな技術な情報が多く日本にも導入されています。

道具について、メジャーらしい製品を取り入れることで、

そういった流れに乗ることができるかもしれませんね。

以上、メジャー志向の人はコレ!ローリングスのグローブの特徴を徹底解説…でした!

 


 

ローリングスのグローブ以外のおすすめグローブ集も以下にまとめておりますので、

参考にしてみてくださいね。

↓↓↓

あわせて読みたい
失敗しない軟式野球グローブ選び・メーカー別おすすめはこれ!(内外野)
失敗しない軟式野球グローブ選び・メーカー別おすすめはこれ!(内外野)[ad#co-2] 野球をプレーする際に「グローブ」はあなたの守備に大きな影響を与えるものであり、 あなたの野球人生のパート...

>> この記事を読む

グローブは購入して終わりではなく、適切な型付けをすることも重要です。

以下の記事で内野、外野、投手グローブの型付けを解説していますので、参考にしてみてくださいね^^

↓↓↓

 

あわせて読みたい
グローブの型付け内野手編!絶対失敗しない方法を元球児が徹底解説!
グローブ(グラブ)の型付け内野手編!絶対失敗しない方法を元球児が徹底解説![ad#co-2] 前回、投手用グローブの型付けの解説を記事として発信しましたが、 ポジションによって型付けというものでは変...

>> この記事を読む

 

あわせて読みたい
グローブの型付け外野手編!絶対失敗しない方法を元球児が徹底解説!
グローブ(グラブ)の型付け外野手編!絶対失敗しない方法を元球児が徹底解説![ad#co-2] 前回、投手用グローブの型付けの解説を記事として発信しましたが、 ポジションによって型付けというものでは変...

>> この記事を読む

あわせて読みたい
グローブの型付け投手編!絶対失敗しない方法を元球児が徹底解説!
グローブ(グラブ)の型付け投手編!絶対失敗しない方法を元球児が徹底解説![ad#co-2] 今回は「投手用野球グローブ」の型付けです。 野球のグローブって買って初めて使った時はワクワクして「一生の...

>> この記事を読む

 

関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です