2018年夏の甲子園

【齊藤礼・沖学園】背番号10のエース・南福岡を制し甲子園初出場へ

アイキャッチ引用:https://www.nishinippon.co.jp/nsp/koushien_fukuoka_2018/article/433605/

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(2018年夏の甲子園)に於ける注目選手を今回も特集していきたいと思います。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成30年8月5日(日)から17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。

引用:日本高等学校連盟

この記事では夏の甲子園初出場を決めた南福岡代表・沖学園の齊藤礼選手を特集していきたいと思います。

橘裕司
橘裕司
さいとうらい選手、変わった名前ですね

橘裕司
橘裕司
最近は球児も自分のTwitterアカウント持って呟いてるんですね〜

齊藤礼選手の基本プロフィール

世代2000年度生まれ
ポジション投手
所属沖学園
学年3年
球歴中学:糸島ボーイズ (2013-2015)
高校:沖学園 (2016-2018)
全国大会(中学)中学1年
2013年ボーイズ選手権大会(3回戦)
2013年ジャイアンツカップ(準優勝
中学2年
2014年ボーイズ春季全国大会(準優勝
2014年ボーイズ選手権大会(1回戦)

引用:https://www.kyureki.com/player/48195/

斉藤投手は5種類の変化球を駆使する技巧派投手、芯を外して打たせて取るという頭脳系のピッチャーですね。ストレートの最速は139kmと決して遅くはありません。

橘裕司
橘裕司
むしろ最近の高校生投手が簡単に140kmとか出しすぎなだけよね

中学時代は糸島ボーイズでジャイアンツカップ準優勝を果たしています。

ジャイアンツカップは中学野球全国大会?硬式シニア・ボーイズ等の頂上決戦

優勝は枚方ボーイズの年ですね。優勝・準優勝とボーイズリーグのワンツーフィニッシュ。

橘裕司
橘裕司
まさにボーイズリーグ時代。シニア頑張れ

変化球は右打者にはスライダー、左打者にはシンカーと外へ逃げる球で凡打を量産するスタイルを持つ、沖学園の「背番号10」のエースとされています。

沖学園の主戦格とされていた最速145km右腕の石橋幹選手の調子が夏前に上がらず斉藤選手がなんと全試合で先発しました。

橘裕司
橘裕司
ピンチヒッターとして覚醒したんですね

斉藤投手のお手本としているオリックス金子千尋選手を参考に昨冬にシンカーをマスターしました。

沖学園の甲子園出場は「4度目の正直」でした。なんと1991年・2007年・2008年と福岡大会決勝で3度連続準優勝。

橘裕司
橘裕司
これは今大会取り上げられるでしょうね

沖学園の鬼塚監督は夏の大会の試合のウオーミングアップ前に「速読」(目の体操)を取り入れました。眼球を上下左右に動かし動体視力を鍛えることが目的だそう。

橘裕司
橘裕司
速読は新しい。効果結構あるのかな?

南福岡甲子園予選決勝で九産大九州を1-0で撃破、斎藤選手の完封で初の甲子園出場を決めました。

齊藤礼選手の中学時代・糸島ボーイズとは?

糸島ボーイズは福岡県南支部に属する硬式野球チームですね。ボーイズリーグに関しては以下の記事で解説していますので興味のある方は読んでみてください。

シニア・ボーイズリーグ・中学軟式野球部、実力が伸びる進路はどれ?

2018年も中学硬式野球の甲子園・ジャイアンツカップに出場するようです。名門クラブチームですね。

第12回全日本中学野球選手権大会(ジャイアンツカップ)九州Aブロック予選
優勝しました!
【8月12日~16日開催の全国大会(東京都)への出場決定!】
たくさんの応援・ご支援ありがとうございました!

引用:http://itoshimaboys.grupo.jp/blog/2229950

因みに春のボーイズ全国大会に出場は果たしましたが、1回戦で宮城仙北ボーイズに4-3で敗退しています。

引用:http://www.boysleague-jp.org/tournament/shunki/shunki_2.html

優勝は愛知豊橋ボーイズだったみたいですね。

夏のボーイズ全国大会は8月2日(木)より始まり、糸島ボーイズもしっかり出場しています。

引用:http://www.boysleague-jp.org/tournament/images/senshuken/senshuken2018-02.pdf

秀学館を経て、今年から福岡ソフトバンクホークスに入団した田浦文丸選手も糸島ボーイズ出身です。プロ野球選手を輩出するほどの名門です。因みに2013年にジャイアンツカップ準優勝時に田浦選手は2年生でベンチ入りしていました。

私がシニアでプレイしている時も糸島ボーイズは強いと評判でしたし、今年もジャイアンツカップに出場するということは、今も変わらずに名門であることがわかりますね。

今年の秀学館のスタメンに山下竜哉選手、田浦由亮選手、八方大輔選手と1〜3番打者が糸島ボーイズ出身選手が偏っていることからも、糸島ボーイズから秀学館は太いパイプがありそうですね。

齊藤礼選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトに注目

元々齊藤礼選手はエースではなく、1番手投手の石橋幹選手に注目が集まっていたと思います。球速的にはMAX139kmとまずまずで、変化球投手ですからプロ野球のスカウトがこれをどう捉えるかですよね。

しかし、ピンチヒッターでここまでの活躍ができる選手、地方大会でも試合を追うごとに成長していたのではないかと思います。

甲子園でも駒を進め、成長していく姿は必見ですね。

引用:https://www.nishinippon.co.jp/nsp/koushien_fukuoka_2018/article/435409/

橘裕司
橘裕司
4度目の正直で甲子園出場してるし沖学園はマジで応援する


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です