プロ野球・メジャーリーグ

メジャーリーグ(MLB)と日本プロ野球(NPB)の違いについて。地区優勝って何?

メジャーリーグ(MLB)と日本プロ野球(NPB)の違いについて。地区優勝って何?

近年は渡米しメジャーの球団に入団して活躍する日本人選手も多く、身近になってきた感もあるメジャーリーグですが、日本プロ野球とはリーグ運営と近い点と違う点が多くあり、またそれをしっかりと理解している人は少ないと思います。

よって本記事では、メジャーリーグの各リーグとそのプレーオフの仕組みについて説明するとともに、日本プロ野球との差異を説明し、「なんとなく分かっていること」を明確にすることを目的に作成しました。

この記事を読めば、もっとメジャーリーグを身近に感じてもらえれると思います。では次項より説明します。

メジャーリーグにおける各リーグの分け方

一般的には「大リーグ」や「メジャーリーグ」と言いますが、正式には「メジャーリーグベースボール(略称:MLB)」となります。

よって本記事では以降は「MLB」で統一させて頂きます。

ちなみ「大リーグ」という呼び名は、メジャーリーグの別名でもある「ビッグリーグ」を訳したものになります。

リーグは「アメリカンリーグ」と「ナショナルリーグ」の2リーグ制で運営されており、その点は日本プロ野球と共通です。

しかし、日本は12球団しか有りませんが、MLBは30球団により構成されているため、各リーグ内でもさら各地区に分けられています。

なおナショナルリーグが先に成立し、アメリカンリーグは、ナショナルリーグのマイナーリーグが前身となっています。

しかし2リーグ制となったのは1901年ですので、現在に至っては差はまったく有りません。

では、それぞれのリーグについて解説したいと思います。

◆ナショナルリーグ

日本では「ナ・リーグ」と略されることも多いナショナルリーグですが、正式名称は「ナショナル・リーグ・オブ・プロフェッショナル・ベースボール・クラブズ」となっています。

15チームが所属しており、それぞれ5チームずつが「東地区」、「中地区」、「西地区」に分かれています。所属チームは下記の通りです。

ナショナルリーグの特徴としては指名打者制を採用しておらず「投手も打席に立つこと」です。

東地区中地区西地区
アトランタ・ブレーブスシカゴ・カブスアリゾナ・ダイヤモンドバックス
ニューヨーク・メッツシンシナティ・レッズコロラド・ロッキーズ
フィラデルフィア・フィリーズミルウォーキー・ブルワーズロサンゼルス・ドジャース
ワシントン・ナショナルズ ピッツバーグ・パイレーツサンディエゴ・パドレス
セントルイス・カージナルスサンフランシスコ・ジャイアンツ

◆アメリカンリーグ

日本では「ア・リーグ」と略されることも多いアメリカンリーグですが、正式名称は「アメリカン・リーグ・オブ・プロフェッショナル・ベースボール・クラブズ」となっています。

ナショナルリーグと同じく15チームが所属しており、それぞれ5チームずつが「東地区」、「中地区」、「西地区」に分かれています。所属チームは下記の通りです。

なお、アメリカンリーグは指名打者制を導入していることが特徴です。

東地区中地区西地区
ボルチモア・オリオールズシカゴ・ホワイトソックスヒューストン・アストロズ
ボストン・レッドソックスクリーブランド・インディアンスロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム
ニューヨーク・ヤンキースデトロイト・タイガースオークランド・アスレチックス
タンパベイ・レイズカンザスシティ・ロイヤルズシアトル・マリナーズ
トロント・ブルージェイズミネソタ・ツインズ テキサス・レンジャーズ

レギュラーシーズンとポストシーズン

MLBはレギュラーシーズンとポストシーズンで構成されており、レギュラーシーズンは162試合で地区優勝を争います。

ポストシーズンはトーナメント制となっており各段階ごとに名称があり、「ディビジョンシリーズ」、「リーグチャンピオンシップシリーズ」、「ワールドシリーズ」で構成されています。また、「ディビジョンシリーズ」進出をかけた「ワイルドカードゲーム」も2012年から導入されています。

ではそれぞれのシリーズについて説明します。

◆ワイルドカードゲーム

レギュラーシーズンで地区優勝を逃した勝率上位2チームが1試合で勝敗を決するのがワイルドカードゲームになります。

勝利したチームが次のディビジョンシリーズへ進出することができます。2012年から導入されたシステムですが、2014年にはナ・リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツがワイルドカードゲームからワールドシリーズ制覇を果たしています。

◆ディビジョンシリーズ

日本では一般に「(プレーオフ)地区シリーズ」と言われるのが、この「ディビジョンシリーズ」になります。

リーグの地区優勝を果たした3チームとワイルドカードゲームを勝ち上がった1チームがワールドシリーズ進出を賭けて戦うシリーズになります。

なお組み合わせは「レギュラーシーズンの勝利数1位とワイルドカードゲーム勝者」と「勝利数2位のチームと勝利数3位のチーム」の対戦になります。

最大で5試合となっており、先に3勝したチームが次のリーグチャンピオンシップシリーズに進むことができます。

◆リーグチャンピオンシップシリーズ

ディビジョンシリーズを勝ち上がった2チームにより、リーグの優勝者を決めるのがリーグチャンピオンシップシリーズになります。

本シリーズからシリーズMVPの選出があります。

勝率が高い方が1、2、6、7線をホームで実施できるホームアドバンテージをえることができ、ワイルドカードから勝ち上がったチームがいる場合は、地区優勝のチームがアドバンテージを得ます。

なお試合は最大で7試合となっており、先に4勝したチームが次のワールドシリーズに進むことができます。

◆ワールドシリーズ

ナショナルリーグとアメリカンリーグそれぞれのディビジョンシリーズを制したチーム=優勝チームが、その年の王座を争うのがワールドシリーズです。

ワールドシリーズという名称と、世界最高峰のリーグとされていることから、「世界一を決める戦い」と言い換えることもできます。

名称の由来は、19世紀に行われていたナショナルリーグとアメリカン・アソシエーションの優勝チームが行っていた選手権がワールドシリーズと呼ばれていたこと起因しています。

最大で7試合となっており、先に4勝したチームがチャンピオンとなり、その年の世界一となります。

まとめ

メジャーリーグのリーグ構成や、ポストシーズンの紹介をしました。

ポストシーズンは日本プロ野球が参考にした点もあり、似ている点も多くありますが、MLBは球団数が30球団と多く、1リーグに3つの地区があり地区優勝を争っている点と、ポストシーズンで「1勝のアドバンテージ」がない点が明確に違います。

またレギュラーシーズンが162試合(日本プロ野球は144試合)と長く、ポストシーズンが長いことも特徴と言えるかもしれません。

ポストシーズンを含めるとかなりの長丁場となることから、選手の起用法にも特徴があります(例:登板間隔、球数)。

その長いシーズンや選手の起用法に多くの日本人が悩まされ、それに起因すると考えられる故障もありました。

しかし、多くの日本人が残したノウハウがMLB球団に有り、また日本プロ野球が起用法等MLBを踏襲していくこともあるかと思いますので、今後は適応の負担や故障が減り、より活躍する選手を多くみられるかもしれません。

日本プロ野球と違うこともあれば似ていることもありますし、やっていることは同じ「野球」です。細かい差異さえ理解すれば、日本プロ野球と同じように楽しめると思います。

この記事で「なんとなく分かっていたこと」が明確なれば幸いです。

以上、メジャーリーグ(MLB)と日本プロ野球(NPB)の違いについて。地区優勝って何?…の話題でした。

関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です