野球グッズ特集

元球児がオススメする!ミズノの軟式グローブ『内野用トップ3』

少年野球から草野球、プロ野球に至るまで、日本人にとって国民的なスポーツである野球。

野球において重要なアイテムといえば「グローブ」ですが、今回は野球用品のトップメーカーであるミズノの、おすすめ内野用軟式グローブを3点ご紹介していきます。

軟式用【グローバルエリート】UMiX【U4(内野×外野)/サイズ10】

定価:2万2680円(税込み)

ミズノの「グローバルエリート」シリーズは、内野手・外野手ともに幅広く対応することができる万能タイプのグローブです。

一般的に内野手用のグローブのサイズは小さく、外野手用は大きく作られているものが多いことは皆さんご存知だと思いますが、こちらのグローブはその中間に位置しているタイプです。

野手のポジションであれば幅広く対応できるはずです。

野球が初めてだという方や、趣味で草野球を楽しんでいる人、セカンドグローブを探している人。

さまざまなニーズに対応できるグローブといえるでしょう。

特に野球初心者の場合、どのポジションを担当するかによって、選ぶグローブを慎重に選ばなければいけません。

いきなりピッチャーやキャッチャーに抜擢されることは少ないですが、内野・外野それぞれのポジションを一通りこなすことのできるグローブは持っておいて決して損はないといえるでしょう。

また、グローバルエリートシリーズは手頃な価格も大きな魅力の一つ。

定価2万円台前半という良心的な価格であり、これから野球を始めてみたいという人にもおすすめしやすく、ミズノの確かな品質を提供できます。

ミズノの軟式グローブのなかでも、極めてコストパフォーマンスに優れた商品といえるでしょう。

軟式用・グラブ<ミズノプロ>スピードドライブテクノロジー【内野手用4/6】

定価:5万6160円(税込み)

ミズノのグローブにはさまざまなテクノロジーが隠されています。代表的なものが「スピードドライブテクノロジー」と「フィンガーコアテクノロジー」の2つです。

特に内野手にとってボールを捕球してから送球するまでのスピードは、バッターをアウトにできるか否かの生命線でもあります。スピードドライブテクノロジーはその名の通り、スピーディーなプレーを実現するために開発されたグローブです。

スピードドライブテクノロジーというグローブは、これまでのグローブに比べて軽量化が施され、より身軽で無駄のないプレーを実現するために誕生しました。

また、グローブの重量だけではなく重心についても徹底的に研究され、内野手が捕球する際に、体勢のバランスが取りやすいという特徴も兼ね備えています。

素材である革も比較的軟らかめで、手にフィットしやすいグローブです。

これから野球を始める人はもちろん、経験豊富なベテランプレーヤーにとっても使いやすいグローブではないでしょうか。

グローバルエリートシリーズに比べると価格は高めに設定されていますが、内野手専用グローブのため使い分けがしやすく、好プレーに直結するほどの力を秘めたグローブといえます。

軟式用・グラブ<ミズノプロ>フィンガーコアテクノロジー【内野手用(タイト設計タイプ)】

価格:3万2400円(税込み)

「良いグローブ」とはなんなのか、さまざまな主張がありますが、大きな要素として「ボールの収まりの良さ」が挙げられます。

野手がボールをグローブで捕球する場合、その多くは「ゴロ」か「フライ」です。転がってきたボールをグローブの中に入れる際、中にすっぽりと収まりやすいグローブはスムーズな送球にもつながり、野手のプレーの良し悪しに直結する要素でもあります。

ミズノの「フィンガーコアテクノロジー」は、まさにこのボールの収まりの良さを徹底的に研究され誕生。捕球から送球までの一連の動作がよりシームレスになり、これまでにないスムーズな動きを可能にしてくれました。

プロ野球選手で過去にゴールデン・グラブ賞の受賞経験もある読売巨人軍 坂本勇人選手も、フィンガーコアテクノロジーのグローブを愛用しており、その”実力”はさまざまな方面から認められています。

「グローブへのボールの収まりの良さ」と聞くと、ほとんどの人はボールを掴むグローブの中央部分に何か秘密があるのではないかと感じるはず。しかし、注目すべき点はその周辺である指の付け根から先の部分にあります。

フィンガーコアテクノロジーのグローブは、手の指1本1本に適度に力が配分されるように設計されており、ボールがグローブのセンター部分に入ってこなくても、指で包み込むかのような動きによってセンターに取り込む独特な感覚があります。

まさにこれこそが「フィンガーコアテクノロジー」というネーミングの由来であり、今までにはない全く新しい仕組みのグローブといっても過言ではないでしょう。

まとめ

グローブは内野手にとって命ともいえる重要なアイテムです。

俊敏な動きと確実な捕球、そして正確な送球が求められる内野手は、まさに自分の”手”となるグローブは良いものを選びたいもの。

今回ご紹介してきたミズノのグローブを、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


 

関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です