2018年夏の甲子園

【及川雅貴・横浜】プロ注目152km左腕・常勝横浜を甲子園優勝へ導けるか

アイキャッチ引用:スポーツ報知

記念すべき第100回大会、2018年夏の甲子園に於ける注目選手を今回もまとめていきたいと思います。

この記事では、甲子園出場を決めた南神奈川代表横浜高校の及川雅貴選手を特集していきたいと思います。

橘裕司
橘裕司
サウスポーで150kmを超えるストレート、惚れ惚れする

及川雅貴選手の基本プロフィール・高身長・スリークォーターのフォームから投げ下ろす豪速球

世代2001年度生まれ
利き腕左投左打
身長182cm
体重71kg
ポジション投手
最高球速152km
所属横浜
学年2年
球歴ジュニア:千葉ロッテマリーンズジュニア (2013-2013)
中学:匝瑳リトルシニア (2014-2016)
日本代表:WBSC U-15ワールドカップ日本代表 (2016-2016)
高校:横浜 (2017-2019)
日本代表:BFA U-18アジア選手権日本代表 (2018-2018)
全国大会(中学)中学3年
2016年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
全国大会(高校)高校1年
2017年全国高校野球選手権大会(1回戦)
ドラフト2019年ドラフト候補

引用:https://www.kyureki.com/player/24824/

及川雅貴選手は千葉県出身のMAX152kmの本格左腕です。体格は182cm/体重71kgと少し細身ですね。まだ2年生なので3年生になる頃にはさらに一回り大きくなる気がします。変化球は縦横2種のスライダー、カーブ、チェンジアップと多彩ですね。

小学生時代に軟式野球を開始、小学生時代には千葉ロッテジュニアに選ばれています。

ジュニアといえば、西武ライオンズジュニアの蔵方さんを思い出します。また、今回甲子園に出場する前橋育英の梅澤修二選手も東京ヤクルトスワローズジュニアに、二松学舎大付の山田将義選手は読売ジャイアンツジュニアに選ばれた実績があります。

中学時代は硬式野球チーム、匝瑳シニアで硬式野球を始め、侍ジャパン日本代表U15代表入りしました。

及川日本代表U15引用:侍ジャパンU15

橘裕司
橘裕司
鬼のようなエリート

高校は名門、横浜高校に進学しました。千葉から神奈川ですから野球留学ですね。

横浜高校は今年、スーパー1年生ルーキーで話題が盛り上がっていますが、及川選手は甲子園での活躍でそんな話題も吹っ飛ばしてしまいそうです。

横浜高校では当然のごとく1年生の春からベンチ入り、背番号25番、しかし春季神奈川県大会の決勝に先発登板するも、1回6失点と活躍はできませんでした。

しかし、同年夏の甲子園予選神奈川大会の初戦を4回1安打0失点の好投で汚名返上。そのままチームは県大会を制し、甲子園出場を果たしました。

甲子園初戦・秀岳館との試合で及川選手はリリーフ登板、3回を無失点の好投でした。

秋の神奈川県大会でもベンチ入りするも、鎌倉学園に集中打を浴び、2回6失点。チームもベスト8で大会から姿を消しました。

冬のトレーニングを超え、2年生の春の県大会で150kmを計測、練習試合で152kmを計測し、150km左腕へと進化を遂げました。

今年2018年の夏は横浜高校は鎌倉学園を決勝で下し、優勝、甲子園出場を決めました。

橘裕司
橘裕司
思ったんですが南神奈川大会は東海大相模、慶應、桐光学園、桐蔭学園とこぞって強豪がいない気がする・・・。ちょっとトーナメント表をチェック

南神奈川大会引用:南神奈川代表

橘裕司
橘裕司
と思ったら横浜商大、日大藤沢、平塚学園もいますね。でもそれでも北神奈川の方が圧倒的に激戦区な気がする

調べてみたらやっぱり批判がありました。(笑)

少し長いですがNumberさんを引用させていただきます。

橘裕司
橘裕司
「南地区は最強豪校にして人気校の横浜高を甲子園に行かすために作られた枠と言ってもいい。」ってぶっちゃけすぎてワロタ

何度もいうが、この地区割り作業は大変だったと想像できる。数も南94校、北99校とバランスが取れている。しかし、問題は振り分けられた中身である。

◇南神奈川地区

横浜高、横浜商、横浜創学館高、日大藤沢高、平塚学園、相洋高、湘南学院、鎌倉学園、立花学園、茅ヶ崎北陵高、横須賀明光高(久里浜高)

◇北神奈川地区

東海大相模高、桐光学園、慶応高、桐蔭学園、日大高、横浜隼人高、武相高、光明相模原高、川崎北高、厚木西高、横浜商大高、百合丘高、神奈川工、法政二高、相模原総合高

ここに名前を挙げたのは、過去5年間の春・秋の県大会で準々決勝以降に進出したことがある高校ばかりである。校名を見ただけでも北地区に強豪校が偏っているのがわかる。誤解を恐れずに言えば、南地区は最強豪校にして人気校の横浜高を甲子園に行かすために作られた枠と言ってもいい。

この南北のアンバランスをさらに数値化してみた。

過去5年間の春・秋の県大会で優勝したチームに4点。以下、準優勝校に3点、準決勝進出校に2点、準々決勝進出校に1点と得点を振り分け、次のような結果を引き出した(<>内数字は順位。07年春は特待生問題があり客観的な評価ができないので除外した)。

<1> 東海大相模高…21

<2> 横浜高…20

<3> 桐光学園…12、慶応高…12

<5> 桐蔭学園…9

<6> 日大高…5

<7> 日大藤沢高…4、横浜商…4

<9> 横浜隼人高…3、横浜創学館高…3、平塚学園…3、相洋高…3

<13> 立花学園…2、鎌倉学園…2、湘南学院…2、武相高…2、川崎北高…2、厚木西高…2、光明相模原高…2

<20> 横浜商大高…1、百合丘高…1、神奈川工…1、法政二高…1、相模原総合高…1、茅ヶ崎北陵高…1、久里浜高…1

横浜高以外のほとんどの高得点校が北神奈川地区に入っていることがわかるはずだ。大きな得点差が出ないように配慮して4〜1という小さい得点にしたのに、北地区の総得点は75(62.5パーセント)と、南地区の45(37.5パーセント)を大きく上回ってしまった。

まぁこれも運ですよね。

橘裕司
橘裕司
でも横浜高校は確かに見たいよね。北神奈川は地獄だけど激戦を勝ち抜いた慶應とエース生井選手には頑張って欲しい

及川雅貴選手の中学時代・匝瑳リトルシニアとは?

匝瑳リトルシニアは千葉県で活動する硬式野球チームですね。シニアについて興味のある方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

匝瑳リトルシニアの直近の実績は以下の通りですね。

全国大会にも出場しています。

  • 平成30年 全国・関東大会出場実績
    2018リトルシニア関東連盟春季大会
    第9回林和男旗杯国際野球大会兼北海道連盟創立45周年記念全国選抜野球大会(7/25~30)
  • 平成29年 全国・関東大会出場実績
    2017リトルシニア関東連盟夏季大会ベ スト16
    第45回日本選手権大会
    千葉ロッテマリーンズカップ準優勝
    2017ミズノ旗杯関東連盟秋季大会
  • 平成28年 全国・関東大会出場実績
    第44回日本選手権大会
    2016ミズノ旗杯関東連盟秋季大会

千葉県といえば、今年スーパー1年生として話題に上がっている東海大相模の西川選手横浜高校の度会選手の出身の佐倉シニアという強豪もありますね。

同じ千葉県ですから対戦機会も多そうです。

卒団生の進路は千葉県が中心ですね。

東海大望洋、拓大紅陵、習志野高校、中央学院(注目選手、大谷選手青木選手在籍)など強豪に進んでいますね。

横浜高校、東海大市原望洋高校、志学館高校、拓殖大学紅陵高校、匝瑳高校、成東高校、多古高校、東総工業高校、銚子商業高校、県立銚子高校、市立銚子高校、習志野高校、木更津高専、佐原高校、千葉敬愛高校、千葉黎明高校、千葉英和高校、土浦日大高校、横芝敬愛高校、敬愛学園高校、中央学院高校、成田高校 など

及川雅貴選手の高卒プロ入りはあるか?気になる1年後の進路・ドラフトに注目?

すでに予選大会でヤクルトのスカウトなどから高い評価を受けているようです。

まだ2年生ですが、甲子園でまずは150kmを超えるストレートでテレビやら新聞に確実に取り上げられるでしょう。

プロ入りはほぼ確実なんじゃないかなと勝手に想像してます。

橘裕司
橘裕司
152km出してプロに行けないなら他に絶対難あるわ

甲子園での活躍、楽しみですね。


 

関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です