プロ野球・メジャーリーグ

『黒い霧事件』とは?驚愕!日本プロ野球に八百長があったなんて..

こんにちは、橘裕司です。

今回は、普段とは少しジャンルが異なる記事を書いていきたいと思います。

あなたは、

「黒い霧事件」
(くろいきりじけん)

という世にも恐ろしい日本プロ野球界の事件をご存知ですか?

この前偶然出会った野球大好きおじさんと話が盛り上がり、色々とこの事件について教えてもらいました。

おっさん
おっさん
感謝しろよ、青二才
橘裕司
橘裕司
なんかドラキュラに似てますね。とりあえず本編に入りましょう

ざっくりと…黒い霧事件とは?

八百長
おっさん
おっさん
「黒い霧事件」とは簡単にいえば日本プロ野球界で起きた「八百長」なんやで。
橘裕司
橘裕司
え…??プロ野球で八百長なんてあったの知らなかった…相撲だけじゃないんですね
おっさん
おっさん
もうかなり前のことになるけどな。西暦でいえば1969年〜1971年のことだからもう50年近く前になるのか…
橘裕司
橘裕司
おっさん何歳なんですか?(笑)

「黒い霧事件」とは、プロ野球関係者が「金銭の授受」を伴う八百長に関与したとされる一連の疑惑および事件です。

橘裕司
橘裕司
八百長とは真剣に勝負を争うように見せかけ、実は前もって約束しておいた通りに結末をつけることです。わざと負けて金儲けウハウハ!てことですね

新聞社などにタレコミがあり、大々的に報道され、相次いで事実が発覚しました。

マスコミ

日本野球機構(NPB)は「(野球協約第355条が規定する)『敗退行為』に該当する」との見解を発表しました。

野球協約第三百五十五条(敗退行為)
この協約に参加する倶楽部の役職員、または選手及びコーチを含む監督が、当該チームの試合に於いて意識的に敗れ、また敗れることを試み、或は勝つための最善の努力を怠り、またかかることを通謀するものは、所属する連盟会長の要求に基き、コミッショナーに依り永久にその職務を停止させられまたかかる勧誘をうけたもので、これに関するすべての情報を所属する連盟会長に対し報告を怠るものは、前項により制裁せられる。
橘裕司
橘裕司
おっさん、これバレた選手はどうなったの?
おっさん
おっさん
現役で八百長関与が疑われた選手は永久、若しくは長期の出場停止か年俸減額の処分が下されたんよ。当たり前だよな、夢の球宴で八百長はやばいって。てか敬語使えよ。

どのように事件は明るみになったのか?

橘裕司
橘裕司
ぶっちゃけ八百長って試合見てる限りだとあんまわかんないよな。なんか電話盗聴とかでもされたからバレたの?
おっさん
おっさん
敬語使えよ。

西鉄ライオンズフロントが抱く疑問・不可解な敗戦

1969年のプロ野球・ペナントレース中に西鉄ライオンズのフロントが、

フロントの偉い人
フロントの偉い人
おかしい…うちの選手わざとエラーしてね?

との疑惑を抱き、極秘に調査を開始しました。

橘裕司
橘裕司
西鉄ライオンズは今の埼玉西武ライオンズですね!

一方、1969年から西鉄に移籍してきたアメリカ出身のカール・ボレスが報知新聞の西鉄の番記者に別でタレコミをしていた事実もありました。

カールボレス引用:スポニチ

それを聞いた報知新聞は、読売新聞の社会部と共同で徹底取材を開始しました。

橘裕司
橘裕司
この時は相当日本に失望してたんだろうな。
おっさん
おっさん
まぁでもボレスはボレスで契約金トラブル多くて問題児だったんだけどな

その後調査が進み、

西鉄ライオンズ・永易将之投手

永易将之引用:週刊ベースボールオンライン

暴力団関係者に八百長をするよう依頼され、「敗退行為(八百長)」を行っていたことが発覚しました。

永易投手は当時年棒180万円だったのに福岡の繁華街で一晩数十万円もする一流バーではっちゃけているなど身分不相応の遊びをしていることで球団内では有名になっており、特定は比較的容易だったのでしょう。

泥酔
橘裕司
橘裕司
アホやん。でもやっぱ出てきたか暴力団…!!こええええ
おっさん
おっさん
きっと脅されてたんじゃねぇかな…と思うんだよな…。遊びまわってたのはアホやけど

西鉄球団社長・国広直俊氏は調査後、

「残念ながら事実でした」

と読売新聞と報知新聞の取材に対して回答しました。

橘裕司
橘裕司
永易投手だけが八百長に関わっていたはずもなく…

 

「永易ら3人について調査したが、他の2人の選手は永易に誘われ、一時、八百長に加わっただけで、すでに反省しているので処分の対象としなかった」

と答えました。

おっさん
おっさん
球宴を一時でもぶち壊したなら処分しろよと思ったね。甘ちゃんかよ。

不可解な試合の内容・読売新聞と報知新聞の報道と記者会見

橘裕司
橘裕司
実際は八百長に絡んでいたのはほとんどがエース級の投手だったようですね。
おっさん
おっさん
ある投手は連勝が続く中で急に1試合、ゲーム前半で打たれまくったり他にも好投を続けながら、ある回になると急に打たれ出すというと不可解なことがいっぱい起こってたのさ

その後、昭和44年(1969年)10月8日読売新聞と報知新聞がこの八百長を大々的に報道!

橘裕司
橘裕司
世紀のスクープ!!

同日に西鉄球団幹部は福岡市内の球団事務所で記者会見を開きました。

黒い霧事件記者会見引用:夕刊フジ

 

記者会見で当時の球団社長の国広氏は、

「永易が八百長をやっていたという確証を突き止めたわけではないが、素人の私の目から見ても八百長を演じているのではないかと思える節があり、本人を呼んで問いただすと本人は否定も肯定もせずただ震えているだけだった、この態度から永易は野球トバクに手を染めていると確信した

マスコミが取材に訪れた永易投手の自宅で永易氏は、

「自分はやましいことはないが、こうなっては今更何を言っても聞いてもらえないでしょう」

と言い残し行方をくらませました。

永易投手の行方不明騒動
おっさん
おっさん
いややったでしょあんた

あくる日の9日に、西鉄監督兼選手の中西太氏は球団に対し辞任を申し入れ、退団しました。

橘裕司
橘裕司
監督からしたらたまったもんじゃないよね

永易投手以外の関与

他の事件関与者・容疑者
おっさん
おっさん
その後はゴシップ記事の雄・週刊ポストが野球賭博記事をゴムゴムのガトリング!(量産)永易投手以外の関与を徹底的に取材し記事にしていったんだべや
橘裕司
橘裕司
俺の悪事はいつバレるんだろう・・・と震えてたでしょうね

この後永易投手は、「神に誓ってやっていない」と夕刊フジ記者に漏らしましたが、今更なにを言っても無駄だと指摘され、またも行方不明になってしまうのでした。

このままシーズンオフに解雇になるのですが、行方不明期間が長く、暴力団に軟禁されているのでは?と噂が飛び交いました。

この他に「藤田事件」という巨人の投手コーチだった藤田氏が代表取締役を務めていた会社も暴力団との関係を取り沙汰され、ついに「国会」でプロ野球の暴力団との関係、つまり「黒い霧」を取り上げることになったのです。

橘裕司
橘裕司
国を動かしちゃったよ・・・。
おっさん
おっさん
プロ野球の「黒い霧」を糾明しようとする動きが国会議員の中から出てきたんやで。永易の捜索もこの時に本格化したんや。
橘裕司
橘裕司
結局札幌で恋人と暮らしてたんだよね

永易投手の告白で揺らめく日本球界

おっさん
おっさん
この後、永易からとんでもない発言が出るんや

永易投手は以前から面識のあった元デイリースポーツ記者の大滝譲司氏に以下のことを語りました。(永易投手を親族づてで探し当てたのも大滝氏)

  • 八百長の実行は真実であること、
  • 西鉄球団から口止め料として合計550万円貰っていたこと、
橘裕司
橘裕司
な、なんやて!?
おっさん
おっさん
逃走資金を永易は西鉄から貰ってた言うんや。もちろん西鉄側もクビにした選手になんで逃走資金渡すねん!言うて否定しとったわ

警察では以下のことを語りました。

  • 自分の他にも八百長を演じた選手がいる、
  • 西鉄オーナー・楠根氏から口止め料を貰っていた
橘裕司
橘裕司
な、なんやて!?オーナー?!
おっさん
おっさん
楠根氏は記者会見を開いて完全否定したんやで。その後は具体的に、イニシャルで八百長に関わった選手を暴露していったんやで。なぜか田中勉だけは本名でバラされとったけど(笑)本名で暴露された田中勉氏は週刊ポストを相手取って訴訟起こしとったし。
橘裕司
橘裕司
マスコミにイニシャルで語るとかもうバレバレですよねぇ

永易投手が暴露した実際の内容は以下の通りです。

「親しいチームメイトのY投手から頼まれた」

「Y投手に頼んだのはHさんといって、M投手の知人でぼくも知っている人」

「Yから頼まれてF選手をとめた」

「Y投手がとめたM捕手とM選手はともに30万ずつわたしたそうです」

「HさんはI投手にやらせたくて、Iと親しい中日の田中勉さんに頼んで百万円を田中さんに渡したのを知っています」

この暴露を元に共同通信は記事を発信、

  • 日刊スポーツ
  • 報知新聞
  • スポーツニッポン
  • 東京タイムズ
  • 一部の地方紙

などなどに掲載されました。

橘裕司
橘裕司
暴露された選手にとっては地獄ですね

その後容疑がかけられていた池永選手は球団から、

「お前らは黙っていろ!われわれ上のものが解決する」

という話があったと認めている、と報じられました。

橘裕司
橘裕司
黒い空気が出てきた・・・。

その後しばらく経った後、永易投手は会見で、記者団からイニシャルで挙げていた西鉄の6人の選手の実名を挙げるよう迫られます。

おっさん
おっさん
この時の記者会見は国会(秋銀第二議員会館)の中で行われててだな、マスコミもかなりの圧力を掛けたみたいだよ

最終的に、

  • 池永正明
  • 与田順欣(与田選手が永易選手を誘ったと発言)
  • 益田昭雄
  • 村上公康
  • 船田和英
  • 基満男
  • 田中勉

の名前を挙げました。

橘裕司
橘裕司
7人やん!

その他にも、佐藤公博(元南海ホークス)へ謝礼と引き換えに先発投手の名前を漏らしてたことも告白、また西鉄の球団幹部から約550万円の逃走資金を受領したことを再度述べたのでした。

西鉄ライオンズの主張

橘裕司
橘裕司
なんだか関与選手多すぎるし球団も逃走資金を永易投手にお金渡してたってマジでどういうことなの?震えるんですけど
おっさん
おっさん
おう、本当に面白いのはここからやで

西鉄球団による関与選手6人の事情聴取

事情聴取

西鉄球団は上記の6名を呼び出し、事情聴取を開始、しかし、6名全員が永易の発言を否定しました。

この結果を持って西鉄球団は6選手はシロ!と発表しました。

橘裕司
橘裕司
簡単に信じすぎやろ。もはやグル?

永易投手が主張していた「逃走資金」である約550万円についても完全否定しました。

おっさん
おっさん
この後パリーグ会長も西鉄の球団社長と部長を呼び出して事情聴取するんやが永易の主張の裏が取れず、西鉄をシロ認定してしまうんやで。これにはマスコミも調査がぬるすぎるやろ!とおかんむりやったんや

「フジナワ」の存在

永易投手が西鉄から逃走資金を受領した場に「フジナワ」と「オオシロ」いう人物が同席したと言う発言があったのです。

橘裕司
橘裕司
なんか火曜サスペンスみたいになってきた・・・(震)

この「フジナワ」(=藤縄)とは、神戸で牛乳販売業を営んでいた藤縄洋孝という商人でした。

おっさん
おっさん
記者会見の後「フジナワ」は自ら記者のインタビューに答えに出向き、西鉄オーナーとは会ったこともないぜ、と永易の発言を完全否定したんやで

この後永易投手は朝日新聞のインタビューで、

  • 去年12月にオーナーに会い、なにも言うな。一生面倒を見るからと言われた
  • 西鉄からもらった金は計550万円
  • これで一生の保証かと、大城さんと藤縄さんと相談しオーナーと稲尾監督にかけあったがオーナーからお前の問題は片づいた、稲尾さんから新聞に書くなりなんなりしろと軽くあしらわれた
  • こんなに冷たい仕打ちはない

と答えています。このあとにフジナワと永易の対面インタビューもありましたが平行線をたどりました。

橘裕司
橘裕司
トカゲの尻尾を切り捨てるみたいな仕打ち・・・。
おっさん
おっさん
この状況を打破したホワイトナイトは朝日新聞やったんやで!!!

朝日新聞の取材魂・明かされる真実

真実

朝日新聞はスポ根魂を発揮し永易投手の「前夫人」とその友人夫妻へ取材を開始!

そこで出てきた証言が、

永易が西鉄からの口止め料を大城と相談していたと聞いた、

離婚の慰謝料50万円が西鉄からの口止め料から払われている、

と両者が明言、確証を掴んだのでした。

また、西鉄球団が八百長の疑いがある選手の取り調べで立ち会った球団職員から、

「八百長を認めた選手がいた」

と聞いたという元後援会員の証言として、

「他の選手も八百長をやっていたのは西鉄も知っているはず」

という情報を得たのです。

橘裕司
橘裕司
こっちはちょっと遠いけどそれでも情報として◎

朝日新聞の快進撃が止まりません。

大阪の永易投手の実家にも取材を開始し、永易投手の家族は、

  • オーナーの楠根が西鉄航空営業部大阪営業所で永易とその父親・兄・藤縄と会った、
  • 口止め料の受け取りは大城を通じて行うことを楠根が主張した、
  • 口止め料の一部残金を実家に預けている(実際に金額を照会)

と証言!西鉄ライオンズ絶体絶命ですね。

おっさん
おっさん
西鉄ライオンズも実家の家族まで口止めせんかったのはなんでなんやろな。頭回ってへんかったんやなきっと。

オートレースでも八百長関与が浮き彫りに

東京地方検察庁特別捜査部はプロ野球の八百長の他に追っている案件がありました。

橘裕司
橘裕司
オートレースですよね
おっさん
おっさん
オートレースで田中勉が八百長に絡んでたから、プロ野球の八百長と並行して捜査をしてたんやで

4月22日にオートレースの八百長事件が起きました。

その時に逮捕されたレーサーが、

「大井オートレース場での八百長レースで現役のプロ野球選手とナゾの男2名が現場にいた」

と自供しました。これは落雷が落ちるような発言でした。

この自供を以って警視庁捜査四課は、

  • 田中勉
  • 元大洋ホエールズ高山勲投手
  • フジナワ(藤縄)

を逮捕しました。

橘裕司
橘裕司
ここでもフジナワが出てきた・・・。黒でしょ完全に・・・。
おっさん
おっさん
藤縄はここで朝日新聞の記者にプロ野球の八百長関与を認める発言をして、形勢逆転したんやで。朝日新聞は藤縄の告白を思いっきり報道して世間に激震を与えたんや
橘裕司
橘裕司
永易投手の主張が結局は正しかったってことですね。

藤縄の告白として、

  • 西鉄選手を買収し10回試みて成功は2回のみの大損、
  • 4,500万円近い借金が出来た、

というものでした。

橘裕司
橘裕司
勝率20%って普通に賭けといた方が成功しそうだけど
おっさん
おっさん
西鉄本社社長の楠根にも公で球団運営に関する発表をする時に記者約30名が詰めかけたんやが、経済記者のみ出席が許されたんやで

楠根氏は決算報告中に退席し、追いすがる記者を振り切って姿を消しました。

橘裕司
橘裕司
これは反感買ってしまいますね

後日、読売新聞と毎日新聞の各夕刊が、楠根宗生オーナーがこれまで否定していた永易への金銭授受を認めたと報道しました。

おっさん
おっさん
やっと真実が明るみになって、更生資金として渡した言うてたんやが裏に何かがあるのは間違いないべさ

どんどん明るみになる黒い霧

橘裕司
橘裕司
楠根宗生オーナーがついに認めてしまったので「黒」確定したわけですね。

これを以って、プロ野球コミッショナー委員会は、東京に遠征中の西鉄の6名選手を東京の日生会館に呼び出し、午前10時より5時間近く事情聴取を行いました。

おっさん
おっさん
ここまでバレてるのに6人はまた否定したんやで。コミッショナー委員会はそれにしても限りなく近い黒やろってことで与田・益田を出場停止処分にしたんや。そのほかの選手も公式戦出場の1ヶ月の見合わせを発表しよったで。
橘裕司
橘裕司
主力がほとんど抜けてペナントレースどころじゃないすね
おっさん
おっさん
結局その後、6人とも「明らかに黒やろ」という十分な理由が出てきたから、西鉄がようやく重い腰を上げて真相究明に乗り出したんや
橘裕司
橘裕司
おせーよ

田中勉はオートレースの八百長で警視庁に逮捕されていましたが、東京地検の取り調べに対して、プロ野球の試合でも八百長を演じていたことをついに認めました。

おっさん
おっさん
田中勉は週刊ポストを相手取って名誉毀損で訴えてたんやが、これにて告訴を取り下げたんや。藤縄→田中勉→池永の流れで100万円で八百長を依頼してたことも自白したのよ。池永もこれを機に全部ゲロッちゃってさ。
橘裕司
橘裕司
観念したんですね。取り調べで拷問受けて白状したんすかね。まるでドラマや。このあと与田と益田も「もうあかんわ」って自白したんだよね
おっさん
おっさん
基、村上は八百長を持ちかけられただけで白やったんよね。ちゃんと断ってたんよ

その後、船田、基、村上の3人が球団社長の青木に告白状を提出しました。

  • 永易→船田
  • 与田→基・村上

といった流れで勧誘がありましたが、3選手はちゃんと断ったのでした。

同日に、オーナーの楠根は記者会見を行い、西鉄本社社長、球団オーナー、など一切の公職から辞職することを表明しました。

橘裕司
橘裕司
センセーショナルな事件やなほんま

黒い霧事件発覚後の出来事

橘裕司
橘裕司
その後はどうなったんですか?

その後、パ・リーグの理事会が開かれ西鉄6選手の処分を討議・裁定案をまとめてコミッショナーへ提出しました。コミッショナー委員会が開かれ、処分案を討議結果を後楽園サロンにて記者会見を開きました。

6選手への処分は、

  • 池永・与田・益田→永久追放処分
  • 村上・船田→八百長を断るも報酬返却完了しておらず、ペナントレース11月30日まで試合を含む完全野球活動禁止処分。
  • 基→無罪放免(八百長拒否、報酬返却)

と決定しました。

おっさん
おっさん
これにて一件落着、と思いきや他球団の「黒い霧」も明るみになったり、戦力大幅ダウンの西鉄は経営が立ち行かなくなり「身売り」することになったりと激動の時代に突入するんやで・・・。
橘裕司
橘裕司
続きは後編で!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です