2018年夏の甲子園

【垣越建伸・山梨学院】ドラフト候補投手の夏・根尾と飛騨高山対決なるか?

アイキャッチ引用:山梨日日新聞

2018年夏の甲子園(祝・第100会大会!)に於ける注目選手を今回もまとめていきたいと思います。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成30年8月5日(日)から17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。

引用:日本高等学校連盟

この記事では、初の夏の甲子園出場を決めた山梨代表山梨学院の垣越建伸選手を特集していきたいと思います。

橘裕司
橘裕司
大阪桐蔭の根尾と中学時代同じチームやったんやで

垣越建伸選手の基本プロフィール

世代2000年度生まれ
利き腕左投左打
身長182cm
体重92kg
ポジション投手
最高球速146km
所属山梨学院
学年3年
球歴中学:飛騨高山ボーイズ (2013-2015)
高校:山梨学院 (2016-2018)
全国大会(高校)高校1年
2016年全国高等学校野球選手権大会(2回戦)
高校2年
2017年全国高等学校野球選手権大会(1回戦)
ドラフト2018年ドラフト候補

引用:https://www.kyureki.com/player/98312/

垣越建伸選手は岐阜県出身のMAX146kmのストレートを投げる本格派左腕ですね。加えて変化球はスライダーとチェンジアップがあります。

体格は182cm/92kgとがっしりした、プロ野球選手と遜色ない体型です。

小学校から軟式野球を開始し、中学時代は飛騨高山ボーイズで岐阜県大会で準優勝を果たしました。

この頃、大阪桐蔭の根尾晃選手と一緒にプレーしていたということですね。

高校は山梨学院に進学、岐阜県から山梨県は近いので野球留学かどうかはわかりませんが、垣越選手は1年生は出番なく、2年生になったばかりの春季大会から試合に出始めます。

チームは夏の甲子園に出場、垣越選手は背番号18でベンチ入りし、1回戦の前橋育英戦で登板。(1回を投げ失点0に抑える)

高校2年生秋の新チームでエースに昇格。秋季県大会は6試合を投げ、準決勝までの4試合を30イニングス投げ、わずか2失点に抑えました。

橘裕司
橘裕司
すげー安定感

3年生の夏、準々決勝から主にリリーフで登板し、決勝で帝京三高に勝利し悲願の甲子園出場を果たしました。

垣越建伸選手の中学時代・飛騨高山ボーイズとは?

飛騨高山ボーイズは岐阜県にある硬式野球チームですね。

ボーイズリーグについては以下の記事で具体的に解説しています。

すでに触れましたが、大阪桐蔭の根尾選手も飛騨高山ボーイズ出身です。

卒業生の進路は以下の通りとなっており、大阪桐蔭の他にも石川星稜、日本航空高校など名門校に選手を送り出しています。

【県内】 飛騨高山高校 斐太高校 高山西高校 県立岐阜商業高校 市立岐阜商業高校 関商工高校 帝京可児高校 岐阜第一高校 増田清風高校 岐阜各務野高校

【県外】 大阪桐蔭高校 石川星稜高校 高岡商業高校 山梨学院付属高校 豊川高校 地球環境高校 福井工業大学附属福井高等学校 日本航空高等学校

飛騨高山ボーイズは2011年に日本少年野球連盟に承認されたばかりの新しいチームなので、これから根尾選手や垣越選手など含め、プロ野球選手を輩出していくでしょう。

橘裕司
橘裕司
まだ7年しか経ってないんやね、って7年で1号プロ野球選手が出てしまうんかい!

垣越建伸選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトに注目?

146km左腕がプロに注目されていないわけがないですよね。

大手メディアにも大々的に「プロ注目」と紹介されていますからね。

プロ注目の左腕・垣越建伸(3年)が先発して9連続三振ショー。3回36球でマウンドを譲ったが「自分のリズムで投げることだけ。球速にはこだわらなかった」と最速142キロにも納得の表情だった。

引用:日刊スポーツ

この他にも、

プロスカウトも熱視線を送った。DeNAは吉田孝司、進藤達哉の両GM補佐ら総勢4人態勢で入念チェックする本気モード。「ゆったりとしたフォームの大型左腕で魅力がある。引き続き、要チェックしたい」(進藤GM補佐)。「スピードはまだまだアップするはず。好印象の左腕」(巨人木佐貫洋スカウト)。

引用:日刊スポーツ

とDeNA、巨人のスカウトが熱視線を送っています。

橘裕司
橘裕司
木佐貫ももういっぱしのスカウトなんやな〜

プロにいくことはほぼ確定と勝手に解釈し、そんなことよりも根尾選手との対決が見たいです、はい。

橘裕司
橘裕司
ちょー同意


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です