野球の技術解説

『バッテイング上達の野球練習基本知識』打撃におけるコンタクト能力のトレーニング

『バッテイング上達の野球練習基本知識』打撃におけるコンタクト能力のトレーニング

バッティングには様々な要素がありますが、

いかなる要素であってもまずはボールにバットが当たらないと意味がありません。

そのためには「タイミング」が最も大事だと考えます。

なぜならタイミングがあっていなければ、

どれだけミート力があっても、

パワーがあっても、

ボールに当たらないため意味がないからです。

なお本サイトでは以前、

バッティングのタイミングについてまとめた記事があります。

まだ読んでいない方は、是非読んでみてください。

→ 『バッテイング上達の野球基本知識』シンクロ打法・打撃のタイミング

タイミングが合っていれば、

次に重要なのは「ボールにバットを当てる技術」になります。

これは「コンタクト能力」であるとか、

「ミート力」であったり、

「バットコントロール」とも言い換えられる能力になります。

 

なお初めに言っておくと「必ずバットに当たる方法」はありません。

ですが「バットに当たる可能性を高める方法」はあります。

本記事では、このコンタクト力を高める方法を紹介し、

自分のバッティングフォーム探しのヒントにしてもらえればと考えています。

なお本記事に書いてあることは「コンタクトの確率を上げる」という意味で間違いはないと考えますが、

イコールではありません。

正解は「自分に合っていて結果が出るバッティング」だと考えますので、

本記事を自分の引き出しとしてもらえると幸いです。

では次項より紹介します。

バッティングフォームについて

バッティングフォームにおいて、

コンタクト率を向上させるために最も重要なのは「目線のブレを減らすこと」だと考えます。

一般的には「構え」→「テイクバック」→「スイング」という行程になると思いますが、

この間の目線のブレはコンタクト力に大きな影響があります。

目線が上下しているなかでボールを捉えることが難しいことは想像つくと思います。

よって目線の上下は少なくした方が良いです。

では目線の上下を減らすにはどうしたら良いかですが、

具体的には「足の上げ幅を小さくする」ことが有効だと考えます。

足を一度上げ、ピッチャー側にステップすると目線が上下にブレるため、

上げ幅を小さくすれば、目線のブレは減少します。

極端にいうと、摺り足やノーステップであれば目線のブレは最小限となります。

そのためには構えの段階で、スタンスを広めに取ったり、

腰を若干落としておく等の工夫が重要になってきます。

次には、テイクバックを小さくする、

もしくはあらかじめテイクバックを取っておくことも有効です。

「ボールにバットを当てる」という動作において、

無駄があればそれだけミスショットのリスクも上昇します。

目線のブレにも影響しますし、

動作が増えれば増えるほどミスの要素が増えることからミスの可能性は増えます。

よって無駄をそぎ落とすことは重要だと考えます。

以上のようにフォームでは、「目線のブレ」、

「無駄」について注意することが重要だと考えます。

この点において、

私がイメージする代表的な選手は、

2012・2016年パ・リーグ首位打者の角中選手(千葉ロッテマリーンズ)だと考えます。

バッティングフォームを通して重心が低く、

コンパクトなスイングを特徴とした巧打者です。

インパクトのポイントが近く緩急への対応も抜群ですし、

追い込まれた後は、

バットを短く持ちノーステップ打法に切り替えることで、

追い込まれてからも強いことも特徴です。

打席の中でフォームを変えるのは難しく、

簡単に真似できる技術ではありませんが、

角中選手のバッティングは「無駄の省略」という観点で見ると勉強になることが多くあります。

是非自分に吸収できることは真似してみてください。

スイングの軌道

バットの軌道は前述した通り「無駄を省く」という意味では、

コンパクトであることが有効ですが、

他に重要なことは「ボールを点ではなく線で捉える軌道」であるということです。

ボールは上から下に投げられますし、

重力で落ちてもいます。

そのため、上から下に振り下ろすようなダウンスイングでは、

前後方向でインパクトのポイントは点になります。

しかし、下から上に振るようなアッパースイングであれば、

前後方向でインパクトのポイントは長くなり線になります。

「点」ではなく「線」の方がコンタクトする可能性が高いことは想像できると思います。

もちろんアッパースイングが強くても、インパクトのポイントは点になります。

ちょうど良い角度のスイング、かつ振りやすいスイングが重要です。

こういった目的を持って、

実戦の中で自分に合うスイングを探すこともスキルの向上には重要だと考えます。

インパクトのポイント

インパクトのポイントは、前後方向では打者に近い方が良いです。

理由は、「球を見極める時間長く確保できる」ためです。

球の見極めの精度が低ければバットを当てることが難しくなることは想像できると思います。

「球の見極め」という観点でのみ言えば、

球を見極める時間は長ければ長いほど良いです。

また、角中選手の紹介でも説明しましたが、

緩急への対応という意味でポイントは近い方が良いです。

ではポイントを自分に近づけるにはどうしたら良いか、

ですが、

始動からインパクトまでの時間を短縮することが重要です。

そのためには「スイングスピードを速くする」ことや、

「テイクバックを小さく」や「スイングの無駄を省く」ことが重要です。

確実性を上げるにはどれもが高い次元でバランスしていることが重要です。

一般的にスイングスピードを速くしようとすると、

無駄な動きが増える傾向があります。逆にスイングの無駄を省いていくと、

スイングスピードを伸びない傾向があります。

オススメは「スイングスピード」か「無駄の省略」のどちらかを重視した、

「自分が振りやすいフォーム」をベースとして、少しずつ変化させていく方法です。

急な変更は成績にもフォームにも悪影響を与える場合があります。

少しずつ成績や振り易さを考慮しながら、

変更していくことで、自分の感覚と理論が合致するフォームになると考えます。

まとめ

今回、「コンタクト率を上げる方法」を紹介しましたが、

あくまで「一般論」になります。

結局のところ、

「一般論=正しい」のではなく「自分が最もコンタクトしやすいバッティング」が正しいと考えます。

プロ野球を見ていると、足を高く上げる選手も多くいますし、

それは「目線のブレ」という観点で見ると本来NGのはずです。

しかし、それでも結果を出している選手は多くいます。

一方で、

今年ブレイクした東京読売ジャイアンツ・岡本選手は、

フォームの無駄を省いたことがブレイクの一因であると打撃コーチの二岡コーチはコメントしていました。

足を上げている選手はそれで成績がでていれば問題はなく、

無駄を省くことで成績が伸びればそれはそれで問題はないことが分かるかと思います。

野球におけるフォームの正解は「一般論的に正しいフォーム」ではなく「結果が出るフォーム(かつ怪我しないフォーム)」であると考えます。

よって「自分に合うか否か(成績が出るか否か)」が最も大事だと考えますが、

自分のバッティングの課題が「コンタクト率が低いこと」である選手は本記事で説明していることが役に立つ部分もあるかと思います。

またプロでもコンタクト能力が高い選手は数多くいます。

そういった選手のフォームを観察したり、

真似したりすることで、

自分にも応用できる発見があるかもしれません。

本記事が自分なりに解釈し、打撃成績向上の役に立てば幸いです。


関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です