2019年甲子園・春の選抜注目選手

【平野大和・日章学園】中学時代は軟式で全国ベスト8。宮崎が誇る俊足強打のマルチプレイヤー。

【平野大和・日章学園】中学時代は軟式で全国ベスト8。宮崎が誇る俊足強打のマルチプレイヤー。

引用:日刊スポーツ

橘裕司
橘裕司
野球ガチ勢はテレビから離れられない季節到来。

甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、

この記事では初の選抜甲子園行きを決めた宮崎県代表の日章学園高校の平野大和選手を特集していきたいと思います。

橘裕司
橘裕司
注目の強肩センター・サード。

平野大和選手の基本プロフィール

世代2001年度生まれ
利き腕右投右打
ポジション内野手
所属日章学園
学年新3年
中学日章学園中
2014年,2015年,2016年
高校日章学園
2017年,2018年,2019年
全国大会(中学)中学3年
2016年全日本少年夏季軟式野球大会(ベスト8)
全国大会(高校)高校3年
2019年選抜高等学校野球大会(1回戦)
ドラフト2019年ドラフト候補

引用:https://www.kyureki.com/player/42263/

平野大和選手は177cm80kgと恵まれた体格、日章学園を引っ張る強打の中堅手兼三塁手です。

遠投は100m、50m走は5.8秒と超俊足ですね。

橘裕司
橘裕司
足はええ。

高校野球選手の、甲子園での実況でよく50mを5秒台で走る選手、多すぎますよね。

橘裕司
橘裕司
私自身は高校時代は6秒2とかだったんですが、5秒台ってそんな簡単に出るのか?て昔から疑問。陸上選手でも5秒台後半なのに。

そこで少し興味本位に調べてみました。

ほぼありえない眉唾ものの記録

「50m5秒7の俊足」

「俊足巧打の1番打者で、50mは5秒8――」

甲子園の結果を報じる新聞やテレビのニュースでは、今年もこんな言葉が躍っている。

野球における選手の走力の高さを示すのに、読者が身近にイメージしやすい50mの記録というのはわかりやすい指標なのだろう。誰もが学生時代に体力テストで測定経験があるし、記録のインパクトも伝わりやすい。

だが、実はこれらのタイム、ちょっと眉唾ものの記録なのだ。

50m走の日本記録は、100mでも日本歴代4位となる10秒02の記録がある朝原宣治が持つ5秒75。世界記録保持者のウサイン・ボルトでさえ5秒47だ。つまり、毎年甲子園には日本記録を上回る選手が何人も出場しているということになる。

「野球選手がみんな申告通りのタイムを競技場で出せたら、100mで日本人が9秒台を出すのにこんなに時間がかかっていませんよ(笑)。俊足のひとつの基準なんだろうけど、陸上選手と比べるなら測定の方法や気象条件くらいはしっかり書いてほしいよねぇ」

そんなぼやきをこぼす陸上関係者が多いように、結論から言えばこれらの記録は陸上競技で採用される正式な測定方法では、ほぼありえないと言っていい。

引用:文春オンライン

橘裕司
橘裕司
そうだよね、ボルトでさえ5.5秒。

「そんなぼやきをこぼす陸上関係者が多いように、結論から言えばこれらの記録は陸上競技で採用される正式な測定方法では、ほぼありえないと言っていい。」

平野選手が5秒8はありえんという話ではなく、高校野球の実況で頻繁にアナウンサーが口にする50m走のタイムは言葉半分に聞いておくくらいにした方が良いですよ、という話でした。

さて、平野選手の高校に入るまでの実績としては、小学生時代に軟式野球を始め、中学校時代は日章学園中学の軟式野球部に所属していました。

橘裕司
橘裕司
内部生だね。

軟式野球部時代は中3の夏に全国大会にも出場しています。

平野選手は高校進学後、1年生の夏からスタメン出場、リードオフマンを務めました。

2年生の夏の予選大会は打率.348を残すものの、決勝で敗退、あと一歩、甲子園には出場なりませんでした。

2年生の秋は宮崎県大会・九州大会を4番として出場、県大会優勝、九州ベスト4までチームを導きました。

引用:秋季宮崎大会(2018年)決勝(2018年10月9日 小林市営球場)

日章学園 4-0 小林西

高校名123456789
小林西0000000000
日章学園10001011X4

 

引用:秋季九州大会(2018年)明豊 10-4 日章学園

明豊 10-4 日章学園

高校名123456789
明豊00105400010
日章学園0000013004
橘裕司
橘裕司
明豊高校に敗退したのか。
橘裕司
橘裕司
全然関係ないんですが日章学園の学校紹介Vがポップww

平野大和選手の中学時代・日章学園中学とは?

平野選手の出身である日章学園中学は宮崎県の中学軟式野球部ですね。

橘裕司
橘裕司
日章学園高校の付属中学ですな。

これまでの戦績は、全国大会でもベスト8と強豪校の一つといえそうです。

2016年

全日本少年軟式野球大会:ベスト8

全日本少年軟式野球大会 九州大会:優勝

全日本少年軟式野球大会 九州大会・宮崎県予選:優勝

文部科学大臣杯 全日本少年春季軟式野球 宮崎予選:優勝

梅田学園旗争奪 宮崎地区中学生新人軟式野球大会:優勝

宮崎地区中学校秋季体育大会:優勝

引用:Results[ 野球部 戦績 ]

橘裕司
橘裕司
進路はほとんど日章学園高校に内部進学だろうね。


平野大和選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトに注目

プロ野球のスカウト情報が雑誌やインターネットでもちらほらと見かけますので、今年のドラフトで指名される可能性はありそうですね。

まずは、ドラフトに向け、春の甲子園での活躍が期待されますね。

以上、【平野大和・日章学園】中学時代は軟式で全国ベスト8。宮崎が誇る俊足強打のマルチプレイヤー。…でした!


注目記事

あわせて読みたい
【2019年選抜甲子園】春のセンバツ高校野球大会出場校・注目選手を一挙に紹介!甲子園をさらに楽しむために。長い冬を超え、プロ野球もオープン戦が始まり、高校野球も選抜甲子園が開幕しますね。 第91回選抜高等学校野球大会(主催:毎日新聞社、日本...

>> この記事を読む

 

関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です