2018年夏の甲子園

【黒川史陽・智弁和歌山】中学関西No.1スラッガーの甲子園での弾丸HRに期待

アイキャッチ引用:毎日新聞

第100回大会・2018年夏の甲子園に於ける注目選手を今回も特集していきたいと思います。

この記事では春に続いて夏の甲子園出場を決めた和歌山県代表智弁和歌山の黒川史陽選手を特集していきたいと思います。

すでに別記事で紹介している林晃汰選手平田龍輝選手のチームメートですね。

橘裕司
橘裕司
智辯歴代強打者の林晃汰選手と中学関西No.1スラッガーがいるチームって控えめに言って最強〜

↓この打席では鋭い当たりを打つも凡退していますが、振りの鋭さがエグい。さすが中学時代の関西No.1スラッガー。

ピッチャーからすればこんな鋭い振りされたら縮みあがります。

豪打の智弁和歌山で1年生から出るくらいですからね。

黒川史陽選手プロフィール・父と兄も甲子園に出場の野球一家

橘裕司
橘裕司
なんかかっこいい動画があったから思わず・・・。
世代2001年度生まれ
利き腕右投左打
身長180cm
体重80kg
ポジション内野手
所属智弁和歌山
学年2年
球歴中学:泉州阪堺ボーイズ (2014-2016)
日本代表:JUNIOR ALL JAPAN (2016-2016)
高校:智弁和歌山 (2017-2019)
日本代表:和歌山県選抜(日台国際親善野球試合) (2017-2017)
全国大会(中学)中学3年
2016年ボーイズ選手権大会(3回戦)
全国大会(高校)高校1年
2017年全国高校野球選手権大会(2回戦)
高校2年
2018年選抜高等学校野球大会(準優勝
2018年全国高校野球選手権大会(1回戦)
ドラフト2018年ドラフト候補

出典:https://www.kyureki.com/player/30188/

黒川史陽出身は奈良県河合町、小学校1年時に軟式野球を始め中学では泉州阪堺ボーイズで硬式野球に触れていました。

中学3年生の夏にJUNIOR ALL JAPAN(NOMOジャパン)で米国遠征を経験。(野茂英雄氏が総監督を務めるNOMOジャパンの主将を務める)同じく3年生でボーイズ全国大会に出場し3回戦まで進んでいますね。

身長180cm/体重80kgと恵まれた体格。体重を増やせばホームラン量産できそうな逸材です。

智弁和歌山に入学後、1年春から即ベンチ入りし、主にサード(兼外野手)として和歌山県大会全6戦に先発出場。バリバリの即戦力ですね。

1年生の夏の和歌山県大会に7番・右翼手として出場、打率.400の活躍で智弁和歌山の優勝に貢献しました。

甲子園2回戦では大阪桐蔭戦で3番・三塁手として出場。(根尾選手率いる大阪桐蔭に敗れ敗退)

新チームになった秋は近畿大会で打率.437の成績を残しました。

「ええ技術をもっとる」と名将・高嶋仁監督の評価も獲得しています。

選抜では6番・二塁手として出場し、打率は.368を残しチームを準優勝に導きました。

準々決勝の川原陸選手伊藤大和選手率いる創成館戦では、サヨナラ打を放っています。

準決勝では、小松勇輝選手森下翔太選手斎藤礼二選手などタレント集団が率いる東海大相模を相手に4安打7打点の大活躍でした。

決勝では大阪桐蔭に敗退し、2017年春季近畿大会、2017年夏の甲子園大会、2017年秋季近畿大会、春の選抜と智辯和歌山は大阪桐蔭にどうしても勝てず4連敗中。

その後の春の近畿大会でも決勝で敗れています。通算5連敗ですね。

橘裕司
橘裕司
そろそろリベンジがしたいところですよね。

夏の和歌山県大会は、決勝でサヨナラ犠飛を放つなど勝負師感溢れる打者です。

この夏の活躍も期待です。

ちなみに黒川選手の父親の洋行さんは上宮(大阪)の主将として1993年のセンバツに出場。兄の大雅さんも日南学園(宮崎)で2016年に春夏の甲子園でベンチ入りしていたそうです。(甲子園家族!!)

黒川史陽選手の中学時代・出身の泉州阪堺ボーイズとは?

元々は高石ボーイズという名前でしたが泉州阪堺ボーイズに改名したようです。

大阪南支部に所属する硬式野球チームですね。

ボーイズについて知りたい方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

プロ野球選手も輩出している、名門ですね。ここ四年は途絶えていますが、黒川史陽選手がこの名簿に近々加えられるでしょう(笑)

プロ野球選手

 年 選手名 球団名
1999年 南 竜次 日本ハム・ファイターズ
2010年 弦本 悠希広島東洋カープ 
2010年小林 寛 横浜DeNAベイスターズ
2013年 三木 亮  千葉ロッテマリーンズ

出典:泉州阪界ボーイズホームページ

春季全国大会も二季連続出場と調子も良さそうです。

中学野球選手の進路については詳しく別記事で書いていますので興味のある方は覗いてみてくださいね。

高卒即プロ入りはあるか?気になる進路・2019ドラフトも注目

勝手な予想ですが、プロ注目でありすでにスカウトはされていますね。

以下のようなコラムもあります。

昨年の清宮幸太郎(日本ハム)、安田尚憲(ロッテ)のような超目玉と言える選手は不在だったが、将来性のある選手は決して少なくない印象だ。また下級生でも、井上広輝(日大三・投手)奥川恭伸(星稜・投手)、東妻純平(智弁和歌山・捕手)、渡部雅也(日大山形・捕手)、黒川史陽(智弁和歌山・二塁手)、松浦佑星(富島・遊撃手)、齋藤來音(静岡・外野手)など楽しみな選手も多かった。

引用:柿木、根尾ら大阪桐蔭はやはり“ドラフトの宝庫” 松山聖陵・土居は大化けも

智弁和歌山は過去の実績からこのように秀でた選手は早稲田大学に行くのが定例になっているように思いますので、プロか早稲田だろうな、というのがこれまた勝手な予測です。

まだ2年生なので、黒川選手の成長と共にスカウトの注目はさらに上がっていくでしょう。

智弁和歌山→早稲田大学は武内選手、本田将章選手などがいましたからね(ソースがちょっと古くてすいません)

とりあえずは、この夏の甲子園でも早く黒川史陽選手の痺れるバッティングが見たいですね。

香月懐かしい。

36:30から投げているのが本田将章選手、懐かしい。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です