高校野球注目選手

【石橋航太・富山商】雪のハンデを超え、選抜での豪快なHRに期待

こんにちは、如何お過ごしでしょう。

選抜甲子園も近づいてきましたね。来週が抽選会ですがどのような組み合わせになるのでしょう。

選抜甲子園に先立ち、出場校の注目選手をまとめています。

今回は富山商の石橋航太選手です。

少し遠いですが、北信越準決勝で左越え特大ソロ。

光るバッティングセンス、パワーがわかります。

「どんな球でもホームランにしていきたい」というのはかなり強気な発言ですね。期待できます。

同じ富山商に沢田龍太投手というMAX140kmを投げる好投手がいます。

1.石橋航太選手プロフィール

世代2000年度生まれ
利き腕右投右打
身長179cm
体重82kg
ポジション外野手
所属富山商
学年3年
球歴中学:富山ボーイズ (2013-2015)
高校:富山商 (2016-2018)

二年生の春より4版に座っている、勝負強い打撃が持ち味の4番・中堅手です。

2年秋までに高校通算21本塁打を放っている右のスラッガーですね。

ちなみに富山商の選抜紹介はこちらです。

>>>第90回選抜高校野球 富山商(富山)

秋の公式戦8試合で3本塁打、10打点を叩き出し、富山大会で2戦連発と本番に強い打者なのがわかりますね。

幼少期から父親に野球を教えてもらい、中学時代はどちらかという長距離打者ではなく、ミート力がある巧打者だったようです。

出典:富山商創部100年 選手紹介/8 石橋航太選手(2年) 父の言葉胸に臨む主砲 /富山

富山市では今年かなり雪が降ったようで、除雪が大変だったようです。

地域によって、乗り越えなければならない壁が色々ありますね。甲子園ではこのハンデを思い切り跳ね返して戦って欲しいです。

2月中旬に富山市内は最大84センチの積雪に覆われた。OBらの協力で外野は重機で、内野は部員が手作業で1週間かけて除雪し、グラウンドを掘り出した。

先月28日からぬかるみの残るグラウンドでノックを開始。泥まみれになりながら、ボールを追った4番・石橋航太中堅手(新3年)は「何度、雪かきしてもすぐに雪が積もったけど、それがトレーニングになった。外はのびのびとプレー出来ます」と笑顔を見せた。

出典:富山商、部員とOBで1週間かけ除雪…グラウンド掘り起こした

2.石橋航太選手の出身の富山ボーイズとは?

まんまですが、富山県の硬式野球チームですね。

公式サイトのページに「ボーイズリーグは一切の暴力、暴言を禁止しています。」と書いてあり、逆に少し怖かったり(笑)

参考:富山ボーイズ

2017年に世界少年野球に、同ボーイズより佐伯という選手(雄山中1)が12歳以下日本代表に選ばれたようです。

チーム自体は全国大会など華やかな実績はありませんが、全日本代表に選出される選手がいるということは良いチームなのかと思います(自信なし)

中学野球選手の進路については詳しく別記事で書いていますので興味のある方は覗いてみてくださいね。

関連記事>>>中学野球選手の進路ってどう決まっていくの?

3.石橋航太選手はプロ野球にいけるか?

石橋航太選手は、速球派右腕としても期待されているそうです。「甲子園で投げたい」と意欲的出そう。

身体能力が高いのが頷けますし、プロのスカウトから声は掛かっているものかと思います(少しでも有望であればスカウトは声をかけます)

今回の念願の選抜出場は、株をあげる絶好のチャンスですね。もちろん本人はチームで優勝する今年か考えていないと思いますが。(笑)

まずは、抽選会が楽しみですね。

関連記事>>>超高校級の球児の進路はどう決まるの?

2018年・選抜高校野球大会特集:

関連記事:

>>>高校野球編・過去記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です