2018年夏の甲子園

【横川凱・大阪桐蔭】安定感抜群のミレニアル世代左腕、春夏連覇へ

アイキャッチ引用:日刊スポーツ

2018年夏の甲子園(第100回大会)に於ける注目選手を今回も特集していきたいと思います。

この記事では、春夏連覇を狙う、甲子園出場を決めた北大阪代表大阪桐蔭の横川凱選手を特集していきたいと思います。

すでに別記事で紹介した横川選手と同様、プロ注目選手の根尾昂選手、主将の中川卓也選手、投手の柿木蓮選手、強打・大阪桐蔭の4番を務める藤原恭大選手、不動の正捕手・小泉航平選手、1年生には中学時代日本No.1右腕だった仲三河優太選手とチームメートです。

横川選手は角度のある144kmの直球とキレの良いスライダーを武器に1年秋からベンチ入りしています。

横川凱選手プロフィール

世代2000年度生まれ
利き腕左投左打
身長190cm
体重84kg
ポジション投手
最高球速143km
所属大阪桐蔭
学年3年
球歴中学:湖北ボーイズ (2013-2015)
日本代表:JUNIOR ALL JAPAN (2015-2015)
高校:大阪桐蔭 (2016-2018)
日本代表:大阪府選抜(日台国際親善野球試合) (2017-2017)
全国大会(高校)高校2年
2017年選抜高等学校野球大会(優勝
2017年全国高校野球選手権大会(3回戦)
2017年国民体育大会(準優勝
2017年明治神宮野球大会(高校野球)(ベスト4)
高校3年
2018年選抜高等学校野球大会(優勝
2018年全国高校野球選手権大会(1回戦)
ドラフト2018年ドラフト候補

出典:https://www.kyureki.com/player/8621/

横川凱選手は身長190cm/体重82kgと恵まれた体格のプロ注目投手です。

長身からMAX144kmの直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップを武器としており、阪神の藤浪投手を憧れの選手としています。体格と球速を見ると、本格派左腕かと思ってしまいますが、持ち味は安定感です。

出身は滋賀県米原市、小学校時代は3年生からJBC山東で軟式野球を始め、中学校では湖北ボーイズで硬式野球をプレイしていました。

中学No.1左腕と呼ばれ(右腕は根尾投手)中学3生の時にNOMOジャパン(JUNIOR ALL JAPAN)で米遠征を経験しています。

橘裕司
橘裕司
この時にチームメートの根尾選手と知り合ったようですね。

大阪桐蔭に入学後は1年生の秋に背番号10でベンチ入りし、大阪大会では2回戦の和泉戦にリリーフし、2回無失点のでデビュー戦を飾りました。

高校2年生の春の選抜甲子園では2回戦で登板しますが1回途中でノックアウト。その夏も調子が冴えず、夏の大会を登板は少ないものとなりました。

2年秋からは、エースナンバーは柿木投手が背負っていますが、秋季府大会の準決勝で先発し、7回5安打1失点に抑える好投を見せるなど、事実上のWエースとして奮闘し、神宮大会ベスト4の原動力となりました。

秋季大会では防御率が1点台とゲームを作るのがうまいのでしょう。(味方の打撃が異常に強いので安心感もあるのかも)

野球を始めたきっかけとなったのは、現在中日でプレイする松坂大輔投手のWBCでの投球を見たことで、世界を相手に自分も投げたい、と思ったのだそうです。

春の選抜では大阪桐蔭は優勝、2試合に中継ぎでリリーフ登板し、5回を1失点に抑えました。

横川凱選手の中学時代・湖北ボーイズとは?

湖北ボーイズは関西ブロック/滋賀県支部の硬式野球チームですね。横川選手が3年生だった2015年はボーイズの全国大会出場を果たしています。名門ですね。

ボーイズリーグについて知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。

2015年

第46回日本少年野球選手権大会滋賀県大会 優勝(13期生) 全国大会出場

バッファローズカップ2015少年硬式野球大会出場(13期生)

第26回滋賀大会ベスト4(13期生)

第18回大阪阪南大会ベスト4(13期生)

第45回日本少年野球春季大会滋賀県大会準優勝(13期生)

参考:湖北ボーイズホームページ

有名OBに2014年に九州国際大付属高校→ソフトバンクへドラフト3位で入団した古澤勝吾選手がいます。

高卒即プロ入りはあるか?気になる進路・2018ドラフトも注目

190cmの身長を持った逸材で安定感もあれば、プロ野球に入ってからの伸び代が楽しみですよね。体重も今は84kgですがもっと増量すればゆうに150kmを超えそうです。

伊良部秀輝さんも身長193cm/108kgでしたからね(笑)

選抜前にすでに注目されており、選抜でも結果を出しプロの評価は上がっていますが、この夏の甲子園は最後の仕上げですね。

ポスト清宮は、2000年生まれの「ミレニアム世代」が主役だ。大阪桐蔭には、投手に加え内外野をハイレベルにこなす三刀流の根尾昂を筆頭に、日本代表リードオフマンの藤原恭大外野手、エース右腕の柿木蓮、190センチの大型左腕・横川凱(かい、いずれも2年)ら注目選手がズラリ。

引用:ドラフト候補特集

橘裕司
橘裕司
春夏連覇、見せて欲しい


関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です