2018年夏の甲子園

【林晃汰・智弁和歌山】高嶋仁監督絶賛の歴代No.1打者・最後の夏へ

アイキャッチ引用:スポニチ

第100回大会・2018年夏の甲子園に於ける注目選手を今回も特集していきたいと思います。

この記事では春に続いて夏の甲子園出場を決めた和歌山県代表智弁和歌山の林晃汰選手を特集していきたいと思います。

すでに別記事で紹介している黒川史陽選手平田龍輝選手のチームメートですね。

林晃汰選手は打った瞬間にお客さんが「うぉわ!まじ〜?」と言葉を漏らすほど豪快なバッティングですね(笑)

橘裕司
橘裕司
この夏もまた大阪桐蔭との試合が見たいね

 

林晃汰選手プロフィール・怪我から完全復活・大阪桐蔭にこの夏でリベンジなるか

世代2000年度生まれ
利き腕右投左打
身長180cm
体重90kg
ポジション内野手
所属智弁和歌山
学年3年
球歴ジュニア:阪神タイガースジュニア (2012-2012)
中学:紀州ボーイズ (2013-2015)
高校:智弁和歌山 (2016-2018)
日本代表:BFA U-18アジア選手権日本代表 (2018-2018)
全国大会(高校)高校2年
2017年全国高校野球選手権大会(2回戦)
高校3年
2018年選抜高等学校野球大会(準優勝
2018年全国高校野球選手権大会(1回戦)
ドラフト2018年ドラフト候補

出典:https://www.kyureki.com/player/15030/

林晃汰選手は身長180cm/体重90kgと体格がプロ野球選手と遜色ないプロ注目の智弁和歌山の三塁手・スラッガーですね。

出身は和歌山県岩出市、小学校1年生でキャッチャー、サードとして軟式野球を始めました。小学校6年生の時に阪神タイガースジュニアに選出。

ジュニアの話題でいえば、西武ライオンズジュニアの蔵方さんが注目を浴びていましたね。また、今回甲子園に出場する前橋育英の梅澤修二選手も東京ヤクルトスワローズジュニアに、二松学舎大付の山田将義選手は読売ジャイアンツジュニア、横浜高校の及川雅貴選手も千葉ロッテマリーンズジュニア、大阪桐蔭の藤原恭大選手がオリックスバファローズジュニアに選ばれた実績があります。

中学時代は紀州ボーイズで硬式野球チームでプレイしています。

この頃なんと中学生にしてホームラン通算32本。

橘裕司
橘裕司
7本しか打ってないわい白目

智弁和歌山高校進学後は1年生の春から背番号17番でベンチ入りし、近畿大会全2試合に6番・サードでデビューしました。

1年生の夏の甲子園予選では背番号5をつけスタメン入り、クリーンアップを打ち3回戦で2ランホームランを放ちます。

橘裕司
橘裕司
1年生の打球ちゃうやろ・・・。

秋の新チームでは3番・サードとしてチームの大黒柱として活躍します。

チームは和歌山県大会3位、近畿大会1回戦まで勝ち進みましたが春の甲子園出場はなりませんでした。

2年生の夏の甲子園ではクリーンナップの一角・3番として出場し、1回戦でホームランを放つ。

橘裕司
橘裕司
左中間にホームランて本物やん

しかし昨夏、右肘故障で甲子園終了後に手術し、新チームへの合流は12月としばらくかかりました。

チーム離脱の間、下半身を鍛え抜いたことで体重も5キロ増え、体の軸がぶれなくなったとコメントしています。

それにしても、智弁和歌山の選手層の厚さに驚きますね。主砲の林選手を欠いてもあっさり秋季大会を勝ち抜き、選抜出場を手にしました。近畿大会決勝は根尾昂選手率いる大阪桐蔭に敗れました。

林選手は中学時代から対戦している大阪桐蔭の藤原恭大選手を意識しており、打倒大阪桐蔭を掲げていますが、今度は選抜甲子園でも決勝で激突し、敗退しています。

林選手は公式戦に復帰、5試合で6打点を挙げるなどの活躍でしたが、チームは18年ぶりの選抜準優勝を果たしました。

強豪・東海大相模との準決勝での対戦はまさに死闘でした。

選抜甲子園・智弁和歌山対東海大相模引用:日刊スポーツ

 

東海大相模もタレント集団であり、今年の夏は1年生の佐倉シニア出身の怪物・西川僚祐選手も入学し出場していたので甲子園出場を期待していたのですが、生井惇己投手擁する慶應義塾に準決勝で敗退してしまいました。

そしてなんとその後の春季近畿大会の決勝戦でも大阪桐蔭と当たり、ここでも敗退。

橘裕司
橘裕司
大阪桐蔭の壁高杉!!!

実はこの前も、2017年春季近畿大会、2017年夏の甲子園でも大阪桐蔭に敗退しており5連敗中なんですね。

今回の夏の甲子園で6度目の正直で勝利したいところですね。

しかし、大阪桐蔭は昨秋の明治神宮大会で川原陸選手伊藤大和選手率いる創成館に負けたのみで、根尾選手の世代は公式戦で1度しか負けたことがないんですよね。

橘裕司
橘裕司
メンバーがこんな感じだから・・・。

林晃汰選手の中学時代・出身の紀州ボーイズとは?

紀州ボーイズは和歌山県のボーイズリーグに属する硬式野球チームですね。ボーイズリーグについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

直近では今年の春の全国大会に出ており強豪と呼べるのではないでしょうか。

37期生まで選手紹介が掲載されていますが、各世代一桁しか人数がおらず、大所帯のチームではないようですね。

林選手はその紀州ボーイズで練習をし、県内の智弁和歌山に進学しました。

卒団生の進路を見た感じでは智弁和歌山、神港学園、大阪桐蔭に進学する選手が多そうです。

引用:http://kisyuboys.ikora.tv/c28977.html

中学野球選手の進路については詳しく別記事で書いていますので興味のある方は覗いてみてくださいね。

関連記事>>>中学野球選手の進路ってどう決まっていくの?

高卒即プロ入りはあるか?気になる進路・2018ドラフトも注目

よく考えてみると、秋の県大会・近畿大会に出場せずに選抜前の時点で高校通算本塁打33本と、ホームラン量産ペースが尋常じゃないんですよね。

夏の甲子園前ですでに高校ホームラン通算49本です。怪我してなかったら何本まで伸ばしていたのでしょう。

ある記事では、

 夏の高校野球100回大会の地方大会が全国各地で本格化する中、このスラッガーの一挙一動にも注目が集まる。高校通算は49本を数える智弁和歌山の強打の左打者・林晃汰だ。

ここまで本塁打数を順調に伸ばし、いよいよ夏への階段を登る段階に来ているが、高嶋仁監督は最近の林について、こんな本音を吐露した。

「打つ方は問題ないんですけれど、最近の練習試合は歩かされることが多くて、まともに勝負してもらえんのですわ。勝負してもろてたら、また状況も変わるんやろうけどね。打たせてもらえんから、本人もストレスが溜まってるんちゃうかなってねえ」

打ちたくても打てないとなると、高校生では精神的なコントロールができない選手もいる。だが、林はそんな場面に遭遇しても冷静に受け止めている。

引用:高校通算49発、智弁和歌山の強打者が挑む最後の夏 話題の“捕手姿”の真相は…

橘裕司
橘裕司
練習試合で歩かされんのwww

尋常ではないですね。

智弁和歌山の高嶋監督も歴代1位、2位を誇る打撃力があると評価しており、この夏の活躍も期待されます。

橘裕司
橘裕司
先輩の武内選手とか早稲田に進んでたから大学なら早稲田だろうけどぶっちゃけ逸材的にプロだよね。ドラフト楽しみ
橘裕司
橘裕司
とにかく大阪桐蔭との対戦を見たいんやワイは


関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です