高校野球注目選手

【成瀬和人・静岡】1年生から4番を打つスラッガーの選抜

アイキャッチ引用:高校野球ドットコム

こんにちは、如何お過ごしでしょう。

選抜甲子園も近づいてきましたね。近々抽選会がありますがどのような組み合わせになるのでしょう。

選抜甲子園に先立ち、出場校の注目選手をまとめています。

今回は静岡高校の成瀬和人選手について紹介していきます。

まずは成瀬選手の大阪桐蔭戦での打席です。構えがぐぅ良いですね。

「4番サード」の成瀬選手。響きが良いですね、4番サード。

選抜は2年連続の出場です。

成瀬選手は強豪静岡高校で1年生から4番を任されている、長打力がウリの強打者ですね。

ドラフト候補の選手です。

1.成瀬和人選手プロフィール

世代2000年度生まれ
利き腕右投右打
身長178cm
体重80kg
ポジション外野手
所属静岡
学年3年
球歴中学:掛川市立城東中 (2013-2015)
高校:静岡 (2016-2018)
全国大会(高校)高校1年
2016年明治神宮野球大会(高校野球)(ベスト8)
高校2年
2017年選抜高等学校野球大会(2回戦)
2017年明治神宮野球大会(高校野球)(ベスト4)
ドラフト2018年ドラフト候補

出典:球歴.com

身長178cm/80kgと恵まれた体格の外野手ですね。

成瀬選手が野球を始めたのは小学4年生。

小学生時代はピアノと電子オルガンを学んでいたそうですね、親御さんが教育熱心なのがなんとなくわかります。(笑)

中学は軟式野球部の出身ですね。注目選手をまとめていると硬式出身が多すぎるので少し新鮮です。

中学時代は投手として、静岡県では注目されていましたようです。掛川市立城東中学の野球部情報は残念ながらソースがどこにもありませんでした。

成瀬選手の中学時代のトレーニングは、週6日で学校の周りを10周(約10km)のランニングに加え、ベースランニングを80周と少し狂気じみてますね(笑)素振りは毎日最低1000回だったとか。

高校に入学してからは野手に転身、最初はレフトを守っていましたがサードにコンバートされました。

1年生の秋から4番を任されています。

するとその期待に応え、東海大会では4試合全てで複数安打を放ち優勝に貢献。2年春の選抜大会でも4番として出場しましたが、2回戦で大阪桐蔭に敗戦しました。

高校野球最後の選抜がどこまで結果を出してくれるのでしょう、期待ですね。

関連記事>>>中学野球選手の進路ってどう決まっていくの?

2.ドラフト候補、ここからいかに結果を出すか

ドラフト候補に上がっており、後は選抜と夏の大会でどこまで結果が出せるかの勝負ですね。

新三年生になるこの時期は、プロ注目と言われている選手はまずは目の前のチームの勝利を目指す、と言いつつもプロの動向が気になり始めてしまう時期です。

スカウトの目がプレッシャーにならず、結果を出す人間がプロ野球に入っていくんでしょうね。

まずは選抜、活躍を期待です。(←だれ)

中学野球選手の進路については詳しく別記事で書いていますので興味のある方は覗いてみてくださいね。

関連記事>>>超高校級の球児の進路はどう決まるの?

2018年・選抜高校野球大会特集

>>>その他センバツ注目選手一覧

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です