2018年夏の甲子園

【川原陸・創成館】抜群の安定感・夏の甲子園は選抜ベスト8超えなるか?

アイキャッチ引用:デイリースポーツ

記念すべき第100回大会、2018年・夏の甲子園に於ける注目選手を今回もまとめていきたいと思います。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成30年8月5日(日)から17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。

引用:日本高等学校連盟

橘裕司
橘裕司
夜走りに出ても暑いから昼間に野球なんてどうかしちゃうぜ、と思ってるアラサーサラリーマン橘です

この記事では、春夏連続で甲子園行きを決めた長崎代表創成館の川原陸選手を特集していきたいと思います。

別の記事でも紹介している、伊藤大和選手のチームメートですね。伊藤大和選手がリリーフで、基本的には先発はエースの川原選手が登板しています。

橘裕司
橘裕司
個人的には伊藤大和選手のファンです。投げっぷりがたまらんのですわ。

川原陸選手プロフィール・夏の甲子園では大阪代表・大阪桐蔭を封じた伊藤投手・七俵投手との継投も見モノ、U-18日本代表にも1次候補として選出

世代2000年度生まれ
利き腕左投左打
身長184cm
体重78kg
ポジション投手
最高球速141km
所属創成館
学年3年
球歴中学:長崎北リトルシニア (2013-2015)
高校:創成館 (2016-2018)
日本代表:BFA U-18アジア選手権日本代表 (2018-2018)
全国大会(高校)高校2年
2017年明治神宮野球大会(高校野球)(準優勝
高校3年
2018年選抜高等学校野球大会(ベスト8)

出典:https://www.kyureki.com/player/17624/

身長184cm/体重82kgのプロ注目左腕です。MAX141kmの直球と2種類のスライダー、チェンジアップを武器に選抜ではベスト8、夏は優勝を目指します。

出身は長崎県長崎市、小学校時代から1年時からソフトボールを始めました。中学生時代は長崎北シニアで硬式野球をプレイしていました。

創成館入学後は2年生の春からベンチ入り、秋の新チームではエース(全4試合先発)として長崎県大会優勝の原動力となり、続く九州大会でも全4試合に先発・リリーフで登板、23イニングスを3失点に抑え、創成館の初優勝に大きく貢献しました。

昨秋の長崎県大会、九州大会のほぼ全試合に登板し、防御率なんと0点台。続く明治神宮大会では、七俵投手、川原投手、伊藤投手の3人で継投し、準決勝で大阪代表・大阪桐蔭に7-4で勝利しました。

ちなみにこれは大阪桐蔭ミレニアル世代の公式唯一の戦黒星になります。決勝は明徳義塾に4-0で敗北しています。

春の選抜は黒川史陽選手、平田龍輝選手、林晃汰選手率いる智弁和歌山に準々決勝で接戦をものにできず敗退したものの、ベスト8を果たしました。

夏の大会は選抜を上回る成績を残せるのか、期待大ですね!

橘裕司
橘裕司
くぅ楽しみ!

ちなみに、2018年の侍ジャパン(U-18)に1次候補として選出されていますね。2018年6月20日に発表されました。

センバツでもおなじみの川原陸(創成館3年)は昨秋、九州大会優勝・明治神宮大会準優勝に貢献した大型左腕。オーバーハンドから繰り出す140キロに迫る速球とスライダーを武器にする。

引用:U-18代表第一次候補紹介

こちらでの活躍も、期待ですね。

長崎北リトルシニアとは?

長崎北リトルシニアの設立はなんと1970年。歴史が長すぎるが本当なのか・・・。

長崎リトルシニア出身選手には昨年横浜高校からソフトバンクホークスに入団した増田珠選手がいましたが、川原選手は「北」ですね。

Twitterの口コミを見てみると現在中学3年生でMAX136kmを投げる投手が長崎北リトルシニアにいるようです。進路は創成館で続いたのでしょうか。

高卒プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトに注目

伊藤大和選手と並んでプロ注目ですね。お互い切磋琢磨できる環境があるのがとても良いですよね。すでにプロスカウトが試合は偵察していて、この夏の甲子園でどこまで結果を出せるかが重要なところですね。

評価もすでに上々のようです。

ネット裏に3球団のプロスカウトが見守るなか、上々のスタートを切った川原は「コントロールを重視して、打たせてとる投球を心がけた」と勝負重視でのマウンドに満足げだった。

引用:日刊スポーツ

橘裕司
橘裕司
期待大ですな!


関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です