2019年甲子園・春の選抜注目選手

【寺西成騎・根上中】2018夏の甲子園で143kmをマーク。二年生投手の伸び代に注目。

アイキャッチ引用:スポーツ報知

橘裕司
橘裕司
野球ガチ勢の季節・・・!!それは春!

甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、2年連続13回目の選抜甲子園行きを決めた石川県代表の星稜高校の寺西成騎選手を特集していきたいと思います。

エースの奥川恭伸選手、スーパー新2年生打者・同級生でもある内山壮真選手がチームメートですね。

2018年は星稜高校の主砲・竹谷理央選手の活躍で、夏の甲子園も2回戦まで進みましたが、今年の選抜、夏の選手権大会はどこまで進むのでしょうか?

寺西成騎選手プロフィール

世代2002年度生まれ
利き腕右投右打
身長186cm
体重79kg
ポジション外野手
最高球速143km
所属星稜
学年新2年
中学根上中
2015年,2016年,2017年
日本代表BFA U-15アジア選手権日本代表
2017年
高校星稜
2018年,2019年,2020年
全国大会(中学)中学3年
2017年全国中学校軟式野球大会(2回戦)
全国大会(高校)高校1年
2018年全国高校野球選手権大会(2回戦)
2018年明治神宮野球大会(高校野球)(準優勝
高校2年
2019年選抜高等学校野球大会(1回戦)

出典:球歴.com

寺西選手はシニアやボーイズなどの硬式ではなく、中学では軟式野球部に所属していますね。

橘裕司
橘裕司
中学時代に軟式で141kmって硬式になったらとんでもないね。あまりに強い腕の振りに、怪我をしてしまわないか心配になります。

寺西選手は、小学生時代は根上学童野球クラブで野球キャリアをスタート、小学校6年生時にはエースとして全日本学童軟式野球大会で準優勝。

根上中3年夏に軟式野球部で全国出場し、U15日本代表に選ばれ、クローザーとして活躍。

この頃から日本代表で内山選手と交流があることがわかりますね。

あわせて読みたい
【内山壮真・星稜】スーパー1年生からチームの大黒柱へ。新2年生4番の春に注目。アイキャッチ引用:sportiva甲子園に出場する注目選手を紹介するのは恒例となっていますが、この記事では、2年連続13...

星稜高校進学後は、1年春から背番号18でベンチ入りし、夏の予選は1試合リリーフしただけですが、甲子園一回戦で登板。一回を無失点に抑えました。

2回戦で済美高校に惜しくも破れ、甲子園を去ります。

寺西選手は5番手で登板するも3ランホームランを浴びるなど、リリーフは失敗。

引用:第100回全国高校野球選手権記念大会(2回戦(2018年8月12日 阪神甲子園球場))

済美 13-11 星稜

高校名12345678910111213
星稜501010002000211
済美0010000800004x13

 

済美が大会史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打で勝利した。タイブレークの延長十三回、矢野が右翼ポールに直撃する本塁打。九回から救援し、無失点に抑えていた星稜の寺沢から放った。済美の先発山口直は十三回表をスクイズなどでの2失点にとどめていた。

2019年の秋からは、チームは危なげなく石川県大会を優勝。

引用:秋季石川大会(2018年)決勝(2018年9月26日 石川県立野球場)

星稜 7-0 遊学館

高校名123456789
遊学館0000000000
星稜10022110X7

 

北信越大会は決勝で啓新に引き分け再試合の末勝利し、優勝を飾っています。

引用:秋季北信越大会(2018年)決勝(2018年10月23日 ハードオフ・エコスタジアム新潟)

星稜 7-4 啓新

高校名123456789
星稜0000304007
啓新0100200014

 

神宮大会は札幌大谷に敗退したものも、準優勝しており、選抜で星稜高校がどこまで成績を伸ばせるのか楽しみですね。

第四十九回 明治神宮野球大会結果引用:日本学生野球協会「第四十九回 明治神宮野球大会」




寺西成騎選手の中学時代・根上中学の野球部って?

根上中学は上記の寺西選手のプロフィールにある通り、昨年2017年に全国大会出場を果たし、2回戦まで進んでいますね。

出典:トーナメント表

といっても一回戦はシードだったので、朝日中学に一回戦負け、ということでしょう。

と、ここで気づいてしまったんですが、公立の軟式野球部と私立の軟式野球部はリーグが違うのでしょうか?

ちょっと他の記事で高知中学などを紹介した時に大会の結果を載せましたが、少しあとでリサーチしたいと思います。

根上中学は石川県能美市浜町にある公立中学校で、運動部がなかなか盛んですね。

  • 【運動部】
  • 女子バレーボール部
  • ソフトボール部
  • 女子バスケットボール部
    • 第15回(1985年)全国中学校バスケットボール大会にて準優勝
  • ハンドボール部
  • 男子バレーボール部
  • 野球部
  • 剣道部
  • 男子ソフトテニス部
  • 男子バスケットボール部
    • 第1回(1971年)全国中学校バスケットボール大会にて優勝
    • 第7回(1977年)全国中学校バスケットボール大会にて準優勝
  • 陸上部
  • 出典:能美市立根上中学校

 

特にバスケが強すぎますね。(笑)

寺西選手は身長が186cmもありますから入学当時はスカウトの嵐だったことは想像つきますね。

寺西成騎選手の高卒プロ入りはあるか?気になる進路・2020ドラフトに注目

今年の新二年生には寺西選手の他に、チームメートの内山選手はもちろんのこと、横浜高校の度会隆輝選手二松学舎大付の山田将義選手中央学院の青木優吾選手などなどプロが注目するであろう選手で目白押しですね。

この他にも、甲子園には出ていないものの東海大相模の西川僚祐選手など、逸材揃いです。

あわせて読みたい
【2018年夏の高校野球本番】注目高校1年生球児・逸材選手を紹介アイキャッチ引用:朝日デジタルこんにちは、橘裕司です。選抜高校野球が終わり、気づけばもう夏の大会が始まりますね。...

今回の甲子園で注目が集まりましたから、すでにプロのスカウトも注目して過ごすことでしょう。

楽しみですね!

以上、【寺西成騎・根上中】2018夏の甲子園で143kmをマーク。二年生投手の伸び代に注目。…の話題でした。








👇👇注目記事👇👇

あわせて読みたい
【2019年選抜甲子園】春のセンバツ高校野球大会出場校・注目選手を一挙に紹介!甲子園をさらに楽しむために。長い冬を超え、プロ野球もオープン戦が始まり、高校野球も選抜甲子園が開幕しますね。 第91回選抜高等学校野球大会(主催:毎日新聞社、日本...

>> この記事を読む

 

関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です