2018年夏の甲子園

【中川卓也・大阪桐蔭】甲子園春夏連覇を狙うタレント集団の絶対的主将

アイキャッチ引用:毎日新聞

2018年夏の甲子園(第100回大会)に於ける注目選手を今回もまとめていきたいと思います。

この記事では、春夏連覇を狙う、甲子園出場を決めた北大阪代表大阪桐蔭の中川卓也選手を特集していきたいと思います。

昨年の選抜で大阪桐蔭は全国制覇、夏の甲子園は三回戦で敗退しましたが、その主軸、三番を打っていたのがまだ2年生だった中川卓也選手です。

振りが鋭い鋭い。冬のトレーニングを超えてさらに磨きがかかり、春の選抜優勝も経験し、さらなる成長を遂げ、夏の甲子園も活躍するでしょう。

すでに別記事で紹介した中川選手と同様プロ注目選手の根尾昂選手、投手の横川凱選手柿木蓮選手、強打・大阪桐蔭の4番を務める藤原恭大選手、不動の正捕手・小泉航平選手、1年生には中学時代日本No.1右腕だった仲三河優太選手とチームメートです。

橘裕司
橘裕司
えぐいくらいに注目選手ばっかり

 

 

中川卓也選手基本プロフィール・打席でのルーティンも見所・兄も光星学院で甲子園出場エース

世代2000年度生まれ
利き腕右投右打
身長175cm
体重76kg
ポジション内野手
所属大阪桐蔭
学年3年
球歴中学:大阪福島リトルシニア (2013-2015)
高校:大阪桐蔭 (2016-2018)
日本代表:大阪府選抜(日台国際親善野球試合) (2017-2017)
日本代表:BFA U-18アジア選手権日本代表 (2018-2018)
全国大会(中学)中学3年
2015年リトルシニア全国選抜野球大会(ベスト8)
2015年ジャイアンツカップ(2回戦)
全国大会(高校)高校2年
2017年選抜高等学校野球大会(優勝
2017年全国高校野球選手権大会(3回戦)
2017年国民体育大会(準優勝
2017年明治神宮野球大会(高校野球)(ベスト4)
高校3年
2018年選抜高等学校野球大会(優勝
2018年全国高校野球選手権大会

出典:https://www.kyureki.com/player/7891/

中川卓也選手は全国屈指の強豪、黄金世代とも呼ばれているプロ注目集団・大阪桐蔭で主将を務めています。

身長175cm/体重76kgとプロを目指すにはまずまずの体格ですが思いっきりの良い振り切るスイングで広角打法で強打を誇ります。

打席に入った時に独特の動きをするルーティンが有名です。

橘裕司
橘裕司
このルーティンだけで「あ、中川選手やん」て気づくよね

大阪桐蔭では1年生の秋季大会で公式戦に出場し始め、レギュラー定着。一塁手の他三塁手、二塁手もこなしました。

橘裕司
橘裕司
見た目の割に器用な選手ですね

1年生の秋からベンチ入り、2年生の春には選抜甲子園で3番ファーストとしてクリーンアップを務めました。打率は.368と好成績を残しています。

高校2年生の秋の新チームから主将を務め、春の選抜高校野球大会に3番ファーストとして出場、なんとこの時の成績が19打数7安打の打率.368の結果を残しました。

高校2年生夏の甲子園では同じく3番ファーストでスタメン出場するも3回戦で敗退しました。

この大会は中川選手にとっては苦い思い出となりました。

1点リードで迎えた3回戦の仙台育英戦の9回にファーストに入った中川選手はショートゴロの送球をファーストで捕球し試合終了かと思いきや、ベースを踏み損ねてしまいました。

そして仙台育英にそのままサヨナラ負けをしてしまいました。

しかし秋の新チームで主将に就任、翌春の選抜で優勝、2018年夏の甲子園出場も決めました。

橘裕司
橘裕司
キャプテンシーがすごいキャプテンシー

なんと中川選手が主将になってからは公式戦の敗退がたったの1度だけ。その1度をの黒星をつけたのが、同じく今年の甲子園に出場する川原陸選手伊藤大和選手率いる創成館です。

甲子園でも対決することになると、面白いですよね。

そんな中川卓也選手は出身は大阪府大阪市、小学校時代から軟式野球を始め、中学は大阪福島リトルシニアで硬式野球を始め、3年生では主将を務めた野球エリートです。

ちなみに中川選手の3つ年上のお兄さんである中川優さんも元は光星学院でエースピッチャーというバリバリの高校球児で、現在は大阪体育大学で野球をしています。

なんと甲子園に3度も出場したプロ注目の投手です。

橘裕司
橘裕司
ここにも野球エリート一家が(ゴクリ。

大阪福島リトルシニア時代は主に3番・二塁手として春夏全国ベスト8入りに貢献しています。ちなみにこの時中川選手は投手も務め、138km右腕として有名でした。

第43回リトルシニア日本選手権大会2015年結果引用:2015年シニア全日本選手権結果

ちなみに3位の新宿シニア出身者としては、世代は違いますが今回甲子園に出場する中央学院の青木優吾選手がいますね。大阪福島リトルシニアはその新宿シニアに敗退しています。

そして優勝したのは2018年夏の甲子園にも出場する近大付属・大石晨慈選手率いる羽曳野ボーイズでした。

なんと早稲田実業で清宮選手とクリーンアップを打っていたプロ注目の早稲田実業の野村大樹選手、選抜にも出場した明秀学園日立の増田陸選手とは福島リトルシニア時代の元チームメートでした。

選抜でも対決が実現しました。結果は大阪桐蔭に軍配が上がりました。

彼らと共に春のシニア全国大会、夏の硬式野球の甲子園・ジャイアンツカップにも出場しています。

ジャイアンツカップの結果としてはではベスト4までに入れませんでしたが、1回戦で大阪桐蔭同僚の藤原選手、報徳学園の小園選手率いる枚方ボーイズに10-0と大勝しますが、2回戦で愛知瀬戸ボーイズに敗退しました。

【柏の葉公園野球場】第一試合
枚方ボーイズ(大阪府)     000 00 =0
大阪福島リトルシニア(大阪府) 207 01×=10
※5回コールドゲーム
(枚)中川、藤原 - 神頭 (福)中川 - 野村

引用:ジャイアンツカップ結果

【柏の葉公園野球場】
大阪福島リトルシニア(大阪府) 000 501 1 =7
愛知瀬戸ボーイズ(愛知県)   100 004 3×=8
(大)堀江、濱、中川 - 野村 (愛)下方、梶田、長谷川、小野 - 鈴木

引用:ジャイアンツカップ結果

そんなタレント集団と言えるチームでも主将を務めていたのです。高校ではファーストなど守っていましたが、中学時代は元々セカンドだったんですね。

橘裕司
橘裕司
リーダー伝とかで本書けそう

高校に入ってからはすでに3度甲子園の土を踏んでおり、今回が4度目になりますね。

甲子園のあとは、侍ジャパンでの活動が始まります。第一次候補に中川選手も選ばれていますね。

内野手

氏名学校名学年投打
野村 佑希花咲徳栄3年右投右打
日置 航日大三3年右投右打
小松 勇輝東海大相模3年右投左打
林 晃汰智辯和歌山3年右投左打
太田 椋天理3年右投右打
中川 卓也大阪桐蔭3年右投左打
根尾 昂大阪桐蔭3年右投左打
山田 健太大阪桐蔭3年右投右打
小園 海斗報徳学園3年右投左打
濱田 太貴明豊3年右投右打
小幡 竜平延岡学園3年右投左打

引用:侍ジャパンU-18代表 第1次候補選手について

中川卓也選手の中学時代・大阪福島リトルシニアとは?枚方ボーイズにも圧勝するチーム力

大阪福島リトルシニアは、大阪で活動する中学硬式チームですね。シニアってなに?という方は以下の記事を参考にしてみてください。

  • 第11回ジャイアンツカップベスト16
  • 第9回ジャイアンツカップベスト16
  • 第43回日本選手権大会ベスト8
  • 第44回日本選手権 関西大会 優勝
  • 第10回タイガースカップ準優勝
  • 第44回関西連盟秋季大会優勝
  • 第5回林和男旗杯国際野球大会全国3位
  • 第43回関西連盟春季大会優勝 第9回タイガースカップ初出場
  • 第43回関西連盟秋季大会準優勝

出典:大阪福島リトルシニア

ジャイアンツカップに3年で二回出場と常連、日本選手権でもベスト8(中川選手在籍時)を残しています。

上記でも述べましたが、あの王者枚方ボーイズにもジャイアンツカップで大勝するほどの名門ですね。

【柏の葉公園野球場】第一試合
枚方ボーイズ(大阪府)     000 00 =0
大阪福島リトルシニア(大阪府) 207 01×=10
※5回コールドゲーム
(枚)中川、藤原 - 神頭 (福)中川 - 野村

引用:ジャイアンツカップ結果

進路も強豪校ばかりで、育英高校、大阪桐蔭、早稲田実業、東海大甲府、などなどですね。

卒団生の進路(順不同)

12期生
大成学院大学高等学校 2名
育英高等学校
初芝立命館高等学校  2名
柳井学園高等学校
相生学院高等学校
東海大学付属仰星高等学校
明秀学園日立高等学校
大阪体育大学浪商高等学校
上宮高等学校
春日丘高等学校
摂津高等学校
九州文化学園高等学校
広島県尾道高等学校
近畿大学附属新宮高等学校 2名
箕面東高等学校
相生学院高等学校
創造学園高等学校
北陸高等学校
近畿大学附属高等学校
岡山理科大学附属高等学校
山口県立岩国商業高等学校
都島工業高等学校 理数工学科

11期生
大阪桐蔭高等学校
早稲田実業高等学校
東海大学甲府高等学校
明秀学園日立高等学校
北陸高等学校
聖望学園高等学校
九州文化学園高等学校
尾道高等学校
上宮太子高等学校 2名
関西大学第1高等学校
近畿大学附属新宮高等学校 2名
飛龍高等学高等学校 2名
静清高等学校
東海大学附属札幌高等学校
柳井高等学校
柳生学園高等学校

引用:卒団生の進路

しかし、こんなに有名になっている三人の選手が同じシニア出身とは、監督は今頃鼻高々でしょうね・・・。

一気に三人ともプロ野球に行く可能性がありますからね。莫大な寄付金がチームに入ってきますね、そんなことになったら(←裏話すぎ)

中川卓也選手の高卒即プロ入りはあるか?気になる進路・ドラフトも注目

プロ注目の三塁手として評価されており、ドラフトに注目が集まりますね。

ドラフト候補が集まるタレント集団の中で3番打者を打っているので当たり前といえば当たり前。

春まではファーストを守っていたため、守備力が低いためプロは少し難しいか、と考えておりましたが、夏までの試合で根尾選手に代わってショートを守り安定的な守備力をみせるなど、まさにマルチプレイヤーとして活躍しています。

プロに行けなくても、先輩の早稲田に進んだ徳山壮磨選手と同様、早稲田に進学するでしょう。

橘裕司
橘裕司
100%プロか早稲田。断言できる


関連コンテンツ:



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です